偏頭痛 治療 原因 予防法 和らげる

偏頭痛治療.com〜原因と予防法、和らげる方法

スポンサーリンク

あなたは偏頭痛に悩まされたことがありますか?
私は、しょっちゅうあります。
月1回のペースでずきんずきんと痛み、その時は仕事をしているどころではありません。
夜中に偏頭痛の痛みが極まって、嘔吐したこともあります。
それと、痛み止めを飲んでも全然効き目がありません。本当にそのあいだは、じっと偏頭痛が通り過ぎていくのを待つしかないのです。
でも偏頭痛の度合いにも色々あって、私のように、ベッドの上で安静にしているしかない人、我慢して痛み止めを飲めばなんとかなる人等様々です。
ここではこの偏頭痛の原因と対処法についてお話して行きたいと思います。
偏頭痛はどうして発症するのでしょうか?
何かの理由で脳の血管が拡張するために偏頭痛が起こるのです。
脳の血管が拡張されると、周囲の神経を刺激するのですが、この刺激によって炎症物質が更に血管を拡張してしまい、偏頭痛が起こるのです。原因は、はっきりとは分かっていませんが、女性ホルモンの変動や疲労、寝不足などが片頭痛の要因とされています。
偏頭痛は発症する直前に肩こりを感じることもあります。そしてこめかみの付近から目のあたりにかけて心拍に合わせて痛みを感じます。
頭の片方か場合によっては両方が痛みを感じることがあり、日常生活に支障をきたすこともあるのです。
偏頭痛の特徴は、頭痛以外に強い吐き気や下痢などの症状を伴い、光や音、温度の変化などに関して鋭敏になることがあります。
痛みが始まると2,3日続き、平均して1ヶ月に1度の割合で繰り返します。

スポンサーリンク

この偏頭痛の予防するにはどうしたらいいのでしょうか?
1.記録に残す。
偏頭痛は月に1回周期的に発症するので、記録に残し、いつ、いかなる環境で発症するのか、把握しておきましょう。
例えば、人混みのなかや電車の中で、発症するようなことが続いた場合、避けることが可能となります。
2.不規則な生活を避ける。
日頃から、寝だめや寝不足など、不規則な生活は避けるようにしましょう。
体へ負担がかかると、片頭痛の元となります。
3.頭痛が発症しやすい食品を避ける。
チョコレート、ハム。ヨーグルト、赤ワインなどは、偏頭痛を誘発しやすいと言われています。
偏頭痛持ちの方は、これらの食品を日頃からとり過ぎないように注意しましょう。
片頭痛の対策法
いざ、偏頭痛を発症してしまったらどうしたらいいのでしょうか?
1.冷やすことがいいので、冷たいタオルで頭を冷やすようにしましょう。入浴やマッサージ等は血管を拡張させてしまい、痛みを増幅させる危険があるので、やめましょう。
2.偏頭痛を発症している最中は、なるべく、静かで暗い部屋で安静にしましょう。片頭痛は光や音にも敏感なので、これらを避けるようにすることが先決です。
3.コーヒー、紅茶などに含まれるカフェインを少量摂取するようにしましょう。カフェインには血管を収縮させる効果作用がありますので、片頭痛には効き目があります。
このサイトでは、片頭痛に関する症例を具体的に挙げて、詳しく説明しています。参考になりますので、読み進めてみてくださいね。

どうぞくれぐれもお大事になさってください。

スポンサーリンク