偏頭痛 冷やす 温める

偏頭痛は冷やす方が良いのか、温める方が良いのか

スポンサーリンク

頭がズキズキと痛む偏頭痛。
定期的にやってくる痛みが4時間から長ければ72時間も続き、酷ければ嘔吐もしてしまうという辛い頭痛です。
薬を使うことなく頭痛を解消する方法にはどのような方法があるのでしょうか。
頭痛の解消方法は、頭痛が起きる原因によって全く違います。
デスクワークなどで一つの筋肉をずっと使い続けることで起きる肩こりが原因になっている緊張型頭痛の場合は、温めることが有効だと言われています。
肩や首周辺の筋肉の血行が悪くなることで疲労物質がたまり、コリになります。
その結果肩や首の周りの神経が刺激されることが原因で頭痛になるため、肩や首の周りを温めて筋肉を緩め、血行を促進させることが重要です。
それに対して偏頭痛は患部を冷やすことが痛みを和らげる方法です。
こめかみから目のあたり、場合によっては頭全体がズキズキと痛むのが偏頭痛の特徴です。
まずは痛みのある場所を、冷却材や氷嚢などで冷やすことが痛みの緩和に重要なのです。

スポンサーリンク

偏頭痛になる誘引は、食品や環境、科学作用やホルモンやストレスなど、様々なものがあります。
それらによって血管が必要以上に拡張してしまい、心臓が押し出した血液が血管を流れる脈動の際にその振動が周りの神経に伝わってしまうことにより頭痛が起きます。
そのため、患部を冷やして血管の収縮を促すのが効果的なのです。
また、偏頭痛は光や音に過敏になり、それが痛みを誘発する可能性もあるため、暗くて涼しい部屋で横になって安静にします。
暗い場所や横になれる場所がなければ、座ってなるべく動かないようにしましょう。
温めることは逆効果のため、痛みがある場合には入浴等は控える方が良いでしょう。
また、血管を収縮させる作用のあるコーヒーや緑茶などカフェインが入っているものを飲むことも痛みを緩和させる一つの方法です。
多く飲みすぎるとカフェインの飲みすぎで頭痛を起こす可能性もあるので、適量を守ることが重要です。
対処法を間違えると痛みが増してしまう頭痛。
まずは自分の頭痛の原因と対処法を知っておくことが肝心です。

スポンサーリンク