眼精疲労 防止 メガネ

眼精疲労を防止するメガネについて

スポンサーリンク

疲れ目や眼精疲労の症状は、30代を過ぎると悪化してきます。
30代を過ぎた頃から目の調節機能が少しずつ低下するからです。
疲れ目や眼精疲労は、それらを防止するメガネを使用することによって、つらい症状を軽減させることができます。
ただし、一口に疲れ目、眼精疲労といっても、目の渇きによる疲労や目の調節疲労、眩しさによる疲労というように原因が異なります。
ゆえに、症状に合わせた疲労防止メガネを使用する必要があります。
 目の渇きからくる眼精疲労には、ドライアイ対策メガネをおすすめします。
それと併せて、部屋の湿度を50%〜60%に保つことで、目の渇きによる眼精疲労を大幅に防止することができます。
次に、目の調整疲労を防止するためには、度数を弱めたメガネを使用するようにしましょう。
最近では、一つのレンズを上下に分けて、遠くを見るゾーンと、度数を少し弱めた近くを見るゾーンのレンズを装着したメガネも、各メーカーから販売されています。

スポンサーリンク

 眩しさが原因の疲れ目、眼精疲労には、眩しさを防止するレンズコーティングが施されたメガネをおすすめします。
特定の光線をカットすることで、効果的に眼精疲労を防止することができます。
具体的には、青や紫色の波長の短い光をカットすることによって、眩しさを軽減させることができます。
眩しさ疲労を防止するメガネには、波長の短い光をカットするレンズコーティングが施されているというわけです。
 インターネットが普及した現代において、パソコンや携帯電話、スマホ、タブレットなど、目を酷使することが多くなっており、眼精疲労は国民病となっています。
そもそも疲れ目は病気ではなく、目の使い過ぎなどにより現われるものであり、休養をとることで解消するのですが、眼精疲労は病的な目の疲労であり、休養をとっても改善されない目の症状となります。
つまり、疲れ目が蓄積され慢性化、重症化したものということができます。
目の疲れのみならず、頭痛やめまい、肩こりなどの症状も伴うようになります。

スポンサーリンク