片頭痛 直し方 原因 症状

片頭痛の原因や症状、直し方について

スポンサーリンク

片頭痛は、三叉神経と呼ばれる脳神経が何らかの原因で興奮状態となり、その情報を周辺の脳神経に伝えることによって痛みが現われます。
片頭痛は頭痛の発作を繰り返す病気であり、日常生活に支障をきたす場合も多い頭痛です。
片頭痛の症状については、頭の片側にズキズキする拍動性の痛みを伴い、発作は4時間から72時間程度持続します。
ズキズキ、ガンガンする痛みのほかに、吐き気や嘔吐の症状も伴います。
ただし、両側性の頭痛やズキズキしない場合もあります。
 片頭痛は、慢性頭痛の代表的なものであり、男性よりも圧倒的に女性の有病率が高い頭痛となります。
発作が起きた時の直し方については、暗い静かな部屋で、痛む箇所を冷やしながら横になって安静に過ごすという直し方となります。
日常的な動作によって症状が悪化してしまうことが特徴であり、それに伴う症状として光過敏・音過敏、悪心などの症状が現われますので、前述しましたような直し方がベストとなります。
  スポンサーリンク

 片頭痛の代表的な前兆の症状が、閃輝暗点(せんきあんてん)となります。
視野にギザギザとした稲妻のような閃輝が現われ、これが徐々に拡大していき、その後視覚消失状態になります。
そして、頭痛が始まる前兆の症状のことを閃輝暗点といいます。
 片頭痛持ちの人は、通常の人よりも敏感な脳を持っているということが、そもそもの発症原因となります。
さまざまな変化を敏感に脳が読み取ることが原因で、脳が異常な興奮状態となり、これを痛みに変えてしまうというわけです。
さまざまな変化とは、気圧や気温、環境の変化などが挙げられます。
また、月経を始めとする女性ホルモンの変化も発症原因となります。

 片頭痛には、原因となる誘発因子をできるだけ除去するという直し方が有効です。
食事性因子としては、アルコールが有力な原因となります。
アルコールには血管拡張作用があり、特に赤ワインは摂ってはいけない食品の代表格となります。
食事性因子をとり除くということが有効な直し方なのですが、一般的には血行促進=健康に良いという食品が、実は片頭痛に関しては発症の原因となっています。
 市販の頭痛薬を用いる直し方は有効ではありません。
市販薬には、興奮して炎症を起こした脳の血管を抑える作用がないからです。
薬物療法として専門外来では、片頭痛の特効薬となるトリプタン系製剤が処方されます。
やはり、病院で治療を受けるということがベストな直し方となります。

スポンサーリンク