ロキソニンゲル 肩こり 効果

ロキソニンゲルの肩こり解消効果について

スポンサーリンク

生理痛や頭痛に効果のある内服薬であるロキソニンには、外用薬となるロキソニンゲルも存在しています。
ロキソニンゲルには、内服薬のロキソンンと同じ成分が配合されており、消炎鎮痛効果のある外用薬となりますので、肩に直接塗り込むと皮膚から吸収されて、つらい肩こりの症状を軽減させることができます。
 ロキソニンゲルは、非ステロイド系の消炎鎮痛剤となりますので、ステロイドの成分が配合されていない分、安心して使用することができるという魅力があります。
ただし、妊娠中や授乳中の方は、ロキソニンゲルの使用に際しては医師に相談されることをおすすめします。
ロキソニンゲルは、医師の処方せんが必要な外用薬となりますので、市販で入手することができない薬となります。
 肩の痛む箇所に直接ダイレクトに薬剤の有効成分を浸透させることができますので、ロキソニンゲルには肩こり解消の高い効果を期待することができます。
肩こり以外にも、筋肉痛や変形性関節症などにも効果を期待することができます。
 スポンサーリンク

 ロキソニンゲルにステロイドは配合されていませんが、医薬品という性質上、肩こりなどの高い改善効果だけではなく副作用も存在しています。
それほど重篤な副作用は報告されていないのですが、ロキソニンゲルを塗布した部分にかゆみを感じたり、発疹や赤みといった副作用が出る場合があります。
 肩こりの解消効果を期待してゲルを使用した後に、かゆみや発疹などの副作用が現れた場合には、ゲルに配合されている何らかの成分にアレルギー反応が出ている可能性が考えられます。
何らかの副作用が生じた場合には、自己判断することなく医師に相談するようにしましょう。
 肩こりの症状がひどくてつらい場合には、受診する診療科は整形外科となります。
肩こりのみならず、腰痛や関節痛がある場合にも整形外科を受診するようになります。
専門科では、ロキソニンゲルを始めとして個々の患者さんの症状に最適な薬を処方してもらうことができますので、高い肩こり解消効果を期待することができます。

スポンサーリンク