偏頭痛持ち 特徴 性格

偏頭痛持ちの人の性格の特徴について

スポンサーリンク

偏頭痛は、慢性的に起こる頭痛の代表的なものであり、男性よりも女性の有症率が高いという特徴があります。
偏頭痛持ちの人の脳は、偏頭痛持ちではない人の脳に比べると敏感であるという特徴があります。
光や音、強いニオイ、気温差、気圧の変化などに対して敏感に反応し、脳が異常な興奮状態となって痛みとして症状が現れるようになる病気です。
 歴史上の有名な人物や芸術家、作家、芸能界で活躍している人の中には、偏頭痛持ちの人が多く、繊細な性格で何かひとつに秀でた才覚を示すことが多いといわれています。
普通の人よりも偏頭痛持ちの人は、聡明かつ敏感な頭脳の持ち主となるからです。
偏頭痛持ちの人の性格は、脳の興奮性が高く敏感な脳の持ち主であるがゆえに、非常に几帳面な性格の人が多いということも特徴として挙げられます。
 偏頭痛は、特定の状況下で起こることが多いという特徴があり、週末や休日に頭痛の発作が起こりやすいという特徴があります。
その理由については、仕事が休みになるとほっとして自律神経のうちの副交感神経が優位に立ちます。
その結果、脳の血管が緩んで血管周りに張り巡らされた三叉神経を刺激してしまい、痛みの元となる炎症タンパク質が放出されるようになるからです。

スポンサーリンク

 中にはご自分が偏頭痛持ちであるということを自覚していない、隠れ偏頭痛持ちの方もいらっしゃいます。
隠れ偏頭痛体質の方は、子供の頃から性格や行動に際立った特徴が見られます。
その性格や行動の理由については、脳の過敏性が高いということが大部分を占めています。
代表的な子供の頃の特徴については、熱を出して痙攣を起したことがあるということが挙げられます。
脳の過敏性が高いために、熱の刺激によって痙攣が起きるというわけです。
 隠れ偏頭痛の子供は、性格が変わっているといわれたり、落ち着きがないと思われることも多く、脳の過敏性が高いことがその背景にあるからです。
ひとつのことにこだわりが強く、真面目で几帳面な性格であるがゆえに、自分の思い通りにならないと気が済まない傾向が強く、幼少期にはいわゆる「駄々っ子」と思われていた人も少なくありません。
また、最大の隠れ偏頭痛の特徴といわれているのが、物事に対して先回り、先読みする傾向が強いということです。

スポンサーリンク