血管拡張 食べ物 症状 緩和

血管拡張作用のある食べ物に気をつけることで、片頭痛の症状を緩和

スポンサーリンク

片頭痛には誘発因子が存在しています。
ストレスや疲れ、睡眠、精神的緊張などの精神的因子や、天候の変化、温度の変化、頻回の旅行などの環境因子、アルコールや食べ物などの食事性因子が、片頭痛の誘発因子となります。
つまり、誘発因子を除去するということが、つらい片頭痛の症状を緩和させたり予防させることにつながるということです。
 そもそも片頭痛とは、何らかの原因によって脳の血管周辺に張り巡らされた三叉神経から、炎症タンパク質が放出されることによって痛みが生じます。
つまり、脳の血管拡張が頭痛の原因となっています。
ゆえに、血管拡張を抑えるということが片頭痛の予防や、つらい症状の緩和に有効というわけです。
 ここでは、片頭痛の食事性因子についてご紹介します。
食事性因子として代表的な食べ物が、赤ワイン、チーズ、チョコレートとなります。
これらの食べ物に共通しているチラミンなどのアミン類が、片頭痛誘発物質となります。
そのほか、ピーナッツや豚肉などの食べ物も代表的な誘発因子となります。

スポンサーリンク

 体の血行を促進させる食べ物は、一般的には体によい効果をもたらすとして、積極的な摂取を推奨されることが多い食べ物なのですが、片頭痛持ちの人にとっては血管拡張作用はマイナスに働きます。
片頭痛持ちの方は、和食よりも洋食には注意が必要です。
洋食に多用される食べ物には、血管拡張物質であるチラミンを多量に含んだ食品が多いからです。
 具体的には、赤ワインを飲んでチーズのたっぷりかかったパスタを食べ、デザートに柑橘系のシャーベットを食べたとすると、ほぼ間違いなく片頭痛の症状が現われます。
アルコールの中でも特に赤ワインには、血管拡張物質であるポリフェノールが豊富に含まれていますし、チーズや柑橘類にも血管拡張物質が豊富に含まれているからです。
 頭痛専門外来で処方されるトリプタン系製剤には、片頭痛の高い症状緩和効果を期待することができます。
血管拡張によって腫れあがった脳の血管の炎症を、元の大きさに戻す作用があり、尚且つ、三叉神経から放出される炎症タンパク質をブロックする作用を有するために、症状を効果的に緩和させることができます。
 市販の頭痛薬は、表面の痛みの症状を取り去るだけで、脳の血管の炎症を抑えたり緩和させる作用はありません。
ゆえに、片頭痛の根本的な症状の緩和にはつながらないというわけです。
慢性的な頭痛を抱えていらっしゃる方は、一度症状を緩和させるために、頭痛専門外来を受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク