偏頭痛 動くと痛い

動くと痛い偏頭痛の場合の注意すべき点

スポンサーリンク

慢性的に頭痛を抱えている人はかなりいます。
一般的に偏頭痛と言われるものは頭の片側や両側がズキズキと痛む病気ですが、原因としては頭部の血管が拡張して炎症を起こしているのです。
なぜこのような症状が起こるかというと、2つの原因が考えられます。
1つは頭部の血管に原因があるものです。
血小板からは血管を収縮させるためのセロトニンという物質が放出されるのですが、このセロトニンが減少することによって収縮した血管が拡張するときに頭痛が起こります。
もう一つの原因としては、三叉神経が関係しているものです。
この神経は顔の周辺の神経のことで、この神経が何らかの刺激を受けることで血管を拡張させる神経伝達物質が分泌されて、神経を刺激して頭痛が起こるというものです。
慢性的な偏頭痛で苦しんでいる人は、とにかく専門医の診断を受けて原因を突き止めることが大事です。
原因がわかれば薬物治療によって改善する見込みが出てくるのです。
注意すべきなのは自己判断で市販薬に頼ることです。

スポンサーリンク

偏頭痛には発症する前に予兆があるといいます。
具体的には身体がだるい、気分が悪い、イライラする、身体がむくむなどです。
個人によって違ってきますが、無性に甘い物を食べたくなったり、突然食欲が旺盛になったりするケースもあります。
また頭痛にも色々な種類と原因があり、動くと痛い場合やズキズキと頭の片側が痛い場合、吐き気がしたり光や音を煩わしく感じる場合などは偏頭痛の可能性が高くなります。
このような頭痛はたいていは数時間で収まりますが、中には3日間ほど続くこともあります。
急に頭痛が起こった場合は、一度専門医の診察を受けることが大事です。
というのも、単なる偏頭痛ではなくてくも膜下出血や解離性動脈瘤などの危険信号であるケースも考えられるからです。
動くと痛いといった症状や、めまいがする、手足がしびれるといった症状が出たら、最悪のケースを考えて早く診察を受けるのが最も良い方法です。
適切な診察と治療を受ければ、必ず改善するのです。

スポンサーリンク