偏頭痛 市販薬 おすすめ

偏頭痛に市販薬がおすすめできない理由について

スポンサーリンク

偏頭痛に効果のある薬は、トリプタン系製剤となります。
そして、トリプタン系製剤は、病院も処方箋が必要な薬であり市販薬では存在していません。
頭痛の市販薬は、見かけの痛みを取り払うことはできるのですが、偏頭痛の根本原因となる脳の神経細胞の興奮状態を抑える効果を期待することができないために、おすすめすることができないというわけです。
偏頭痛の発作が起きると、脳の周辺の血管も炎症を起すのですが、血管周辺の炎症に関しても、市販薬に炎症を抑える効果はありません。
 前述しましたように、偏頭痛に効果のある治療薬はトリプタン系製剤となります。
トリプタン系製剤は市販薬とは異なり、脳の血管周辺に張り巡らされた三叉神経から放出される炎症タンパク質をブロックするように作用し、炎症で腫れあがった脳の血管をもとの太さに戻す作用も有しています。
つまり、根本から偏頭痛を治すように作用するという点が、市販薬とは異なる点となります。

スポンサーリンク

 専門の診療科で適切な治療を施さず、片頭痛の小さな炎症を放置しておくと、蓄積されたダメージが脳の血管にダメージを与えてしまい、脳の血管が詰まってしまい脳梗塞を引き起こす危険性もあります。
ゆえに、いわゆる「頭痛持ち」の方は、一度で専門外来を受診されることをおすすめします。
 市販薬の服用を重ねても偏頭痛は改善されません。
しかし、その事実を把握しておらず、つらい頭痛を抑えるために、中には用法や用量の規定を超えて服用される方もいらっしゃいます。
市販薬の飲む回数や量が増えだした場合には、やはり頭痛専門外来を受診されることをおすすめします。
それが最善かつベストな偏頭痛の治療法となるからです。
 偏頭痛の誘発因子となりおすすめすることができない食事性因子としてアルコールが挙げられ、特に赤ワインはおすすめすることができません。
そのほかにはチーズやチョコレートがおすすめすることができない代表的な食品となります。
これらの食品には、チラミンなどのアミン類が共通して含まれており、アミン類は強力な偏頭痛の誘発因子となりますのでおすすめすることができないというわけです。

スポンサーリンク