眼精疲労 頭痛 ツボ

眼精疲労や肩こり頭痛に効くツボ

スポンサーリンク

インターネットが普及した現代において、パソコンやスマホの使用で目の疲れを感じる方も少なくありません。
慢性的に目の疲れを感じる場合には、眼精疲労になってる可能性があります。
目が疲れた症状があっても休息をとると良くなる場合には、眼精疲労ではなくただ単に疲れ目となります。
しかし、休息をとっても目の疲れがとれず、頭痛や肩こりといった症状を伴う場合には眼精疲労と診断が下されます。
 眼精疲労の対処方法として、目の疲れをとるツボ押しという方法があります。
疲れ目や眼精疲労に効くツボは、目の周りのみならず全身に存在しています。
まずご紹介するツボが、手にある「合谷(ぐうこく)」と呼ばれるものです。
合谷は、別名「万能のツボ」と呼ばれており。
眼精疲労など目の症状のみならず、肩こりや頭痛など神経系の症状に高い効果を期待することができます。
 万能のツボ「合谷」は、親指と人差し指の付け根の間の手の甲側に存在しています。
反対側の手の親指で強く押してみましょう。
目の疲れや頭痛などの症状が楽になります。
ただし、あくまでも目の疲れや肩こり、それに伴う頭痛を改善させるためには休息が基本となります。
疲れたと感じる場合には、無理をせずに休息を取るようにしましょう。

スポンサーリンク

 目が疲れたと感じた場合には、無意識に鼻の付け根あたりを親指と人差し指で抑えている人も多いのですが、実は鼻の付け根には、「晴明(せいめい)」という眼精疲労に効果のあるツボが存在しています。
晴明を始めとして、目の周りには疲れ目や肩こり、頭痛に効くツボが集中して存在していますので、順番に刺激することによって目の疲れを効果的に軽減させることができます。
 こめかみには、「太陽」と呼ばれるツボが存在しており、眉尻と目尻の間から少しこめかみ部分に寄った位置にあります。
指で押すと少し凹んでいますので非常に探しやすく、太陽は特に偏頭痛に高い効果を期待することができます。
頭痛があると、早く痛みを楽にしたくて、強い力で太陽を押す方もいらっしゃいますが、強く押したからといって効果がアップするわけではありません。
 太陽のみならず全てのツボに共通することなのですが、リラックスしながらゆっくりと押すということがポイントとなります。
ゆっくりと押し込んでいき、そのままの状態を数秒間キープします。
そして、力を抜いてリラックスし、またゆっくりと押し込んで数秒間キープするという動作を繰り返しましょう。

スポンサーリンク