三叉神経痛 ストレス 対処方法

ストレスも原因となる三叉神経痛の対処方法

スポンサーリンク

三叉神経痛とは、いわゆる顔面神経痛と呼ばれている病気のことです。
三叉神経痛に罹患すると、顔面に電気が走るようなあるいは顔面を何かで突き刺すような激痛が現われます。
三叉神経痛は、歯磨きや洗顔、髭剃りなど、日常的な動作が引き金となって痛みを生じる場合が多く、通常痛みの持続時間は数十秒となっています。
痛みが5分以上続く場合や、じわじわとした痛みの場合には三叉神経痛ではありません。
また、三叉神経痛は40代以降の人の発症率が高く、女性の有症率は男性の2倍となっています。
 三叉神経痛は、疲れやストレスが誘発要因として挙げられます。
疲れやストレスが蓄積されると、自律神経のバランスが崩れてしまうことが発作の原因となります。
ゆえに、疲れやストレスをためないようにし、ストレスを上手に発散させるということが有効な対処方法となります。
ストレッチ運動やツボ押しなどで自律神経のバランスを整えるという対処方法も、手軽に行うことができる対処方法となりますのでおすすめします。

スポンサーリンク

 三叉神経痛は、顔面麻痺と混同されることが多い疾患なのですが、顔面麻痺の場合には痛みはほとんどありませんし、まぶたなど顔の半分が勝手に痙攣したりひきつったようになるというのが症状です。
表情を作っても顔の半分が歪んだように見えますので、患者さんはかなりのストレスを感じるようになります。
一方の三叉神経痛の場合には、激痛を伴いますし、外見からは顔つきや顔の表情の変化は見られません。
しかし、両者ともにストレスが誘発要因として大きく関与しています。
 三叉神経痛の専門科は、脳神経外科、神経内科、麻酔科となります。
それぞれの専門科ごとに得意な対処方法は異なります。
神経内科と麻酔科では、おもに薬物療法を中心とした対処方法が施され、麻酔科では神経ブロック療法の対処方法も受けることができます。
手術や放射線療法を希望される場合の受診科は、脳神経外科となります。
 前述しましたように、ストレスが大きく関与した疾患となりますので、ストレス過多の人は注意が必要となります。
また、首や肩の筋肉がこっていることも発症要因となりますので、首こりや肩こりを解消させるという対処方法も有効です。

スポンサーリンク