偏頭痛 pound

偏頭痛の診断に用いられるpoundスコアについて

スポンサーリンク

頭に痛みを感じる頭痛の悩みで多いのが偏頭痛や緊張型頭痛です。
しかし、クモ膜下出血や脳腫瘍の場合があるため注意が必要です。
そういった場合の偏頭痛かそうでないかを診断する場合に用いられる重要な問診をpoundといいます。
5項目ありそれぞれの頭文字(例外あり)をとってpoundと呼ばれています。
一つ目は、Pulsatingで拍動性です。
ズキズキするかどうかを調べます。
二つ目は、hOursで時間です。
偏頭痛の痛みの持続時間は4〜72時間程度と言われているので、それ以上の場合には注意が必要です。
三つ目はUnilareralで一側性です。
右もしくは左のみの痛みかどうかです。
四つ目はNauseaで吐き気です。
五つ目はDisablingで無力化ということです。
会社や学校にはとても行けず、寝ていなければいけない状態かどうかを判断します。
この問診の項目において4つ以上当てはまる場合は偏頭痛の可能性が極めて高くなります。

スポンサーリンク

poundスコアは医療に携わる方には非常に重要な知識です。
医師の国家試験にも出題されるものです。
現役の医師もこのスコアの習得を勧めることは少なくありません。
頭痛を訴える患者さんが、偏頭痛かそれ以外のものかを判断するときに役立ちます。
また頭痛の場合には考えることの一つにctやmriなどの画像診断を行うかの判断があります。
その場合においてもpoundスコアは重要な判断材料の一つになります。
安威に画像診断に回すことが減り、心理的にも費用的にも患者さんの負担を減らすことに繋がります。
一般的にはあまり知られてはいませんが、これにより個人でもある程度の判断は可能であると言えます。
頭痛だからと言っていたずらに不安になることなく対処が出来ます。
市販薬を服用することで日常生活に支障がなくなるようにすることが出来ます。
ただし、あまりにひどい場合にはpoundスコアのみで判断せず、医師による診断を受けることが大切です。

スポンサーリンク