片頭痛 予防薬 セレニカ 効能効果

片頭痛の予防薬セレニカの効能効果について

スポンサーリンク

「セレニカ」は、抗てんかん薬として有名な薬であり、てんかんのほかにうつ病の治療にも処方される薬なのですが、セレニカの脳の神経を抑制させる効能効果は、片頭痛の予防薬としても有効です。
セレニカを服用することによって、前述しましたように、脳の神経の興奮を抑制させる効能効果がありますので、拡張した脳の血管を収縮させるように作用し、結果片頭痛が起こりにくくなるというわけです。
 片頭痛の発作が起こった場合には、片頭痛特効薬であるトリプタン系製剤の効能効果を受け、片頭痛の発作頻度が多い方の場合には、それと併せて予防薬セレニカの効能効果を受けるという治療法が有効です。
頭痛専門外来では、日常生活に支障が出てしまうほど片頭痛の症状や頻度が多い方や、医師にトリプタン系製剤の効能効果だけでは不十分と判断された場合に、セレニカなどの片頭痛予防薬が処方されるようになります。
 片頭痛予防薬セレニカは、頭痛発作の予防を目的としていますので、毎日定期服用するようになります。
予防薬は、定期服用することによって発作の回数を減少させたり、つらい症状を軽減、トリプタン系製剤など発作治療薬の減量などの効能効果を期待することができます。

スポンサーリンク

 予防薬セレニカは、文字通り頭痛の発作の予防が目的の薬となりますので、偏頭痛の痛みがひどくなった時に服用しても、ほとんど効能効果を得ることはできません。
予防薬は、定期的に服用することによって、偏頭痛による生活のロスタイムを減らすことができる薬となります。
偏頭痛は、日常的な動作によって頭痛が悪化するという特徴がありますので、発作が起こった場合には生活への支障度が大きく、痛みがひどくなると寝込むこともあり、生活のロスタイムを生じるようになる頭痛です。
 偏頭痛は、頭痛発作を繰り返す病気であり、発作は4時間〜72時間持続します。
頭の両側が痛む場合もあるのですが、基本的には片側性でズキズキする拍動性の頭痛となります。
ズキズキ、ガンガンする痛みと併せて吐き気や嘔吐を伴いますので、発作が起こった場合には、トリプタン系製剤を服用し、暗い静かな部屋で痛む箇所を冷やしながら横になるという対処方法が有効です。
音過敏・光過敏・ニオイ過敏が症状となるからです。

スポンサーリンク