偏頭痛 朝起きれない 原因 対処方法

偏頭痛で朝起きれない原因や対処方法について等

スポンサーリンク

偏頭痛とは慢性的な頭痛の種類の一つとなっていて、特に脳に病変がないにも関わらず発生する頭痛の事を言います。
偏頭痛は特に女性に多い頭痛として知られていて、男性と比べると約3倍の割合で女性患者が多いとされています。
また女性患者の年代別の患者数を見てみると10〜40代に多く、それ以降の年代は患者数が少なくなる傾向にあります。
 偏頭痛が起きる原因ついては従来は脳の血管が拡張し、それが引き金となって発生すると考えられていました。
しかし最近の研究の結果によって脳の血管の近くを走っている三叉神経が、頭痛に影響を及ぼしていると説が有力になっています。
 この三叉神経が何等かの刺激を受けると、血管を拡張させる作用を持つ神経伝達物質が分泌されると言われています。
この物質の作用によって脳の血管が拡張されて炎症が起こり、この炎症が脳の血管に広がる事でこの頭痛が発生するという説です。
近年開発された偏頭痛の薬には三叉神経に作用するものが出ており、これが効果を発揮している事からもこの説が裏付けられています。

スポンサーリンク

 偏頭痛の対処方法の関しては薬物療法を行うのが一般的で、専用の頭痛薬を症状が現れた時に服用するというのが代表的な対処方法です。
それ以外にもあらかじめ薬を服用する事で、頭痛が起きる事そのものを防ぐという対処方法もあります。
 ちなみに偏頭痛で朝起きれないという人も少なくないですが、この朝起きれない原因に関しては副交感神経が影響しています。
副交感神経とは活発に行動するよう促す交感神経とは逆に、心身にリラックスするようにと働きかける神経になります。
副交感神経は眠っている時等に優位になるという特徴があり、それが原因で寝ている時は筋肉が緩んでリラックスします。
 しかしこの副交感神経が原因で筋肉等が緩むのと同時に、全身の血管も緩んで拡張するという特徴があります。
そのためこれが原因となって偏頭痛が寝ている間に起きて、朝起きれないという現象が現れる事があるのです。
 この頭痛が原因で朝起きれないと生活に支障が出る事もあるので、早めに朝起きれない事に対して対処方法を講じる必要があります。
偏頭痛が原因で朝起きれない場合の対処方法としては、頭を冷やすという対処方法が有効だと言われています。
それ以外にも朝起きれない時はすぐに部屋を明るくせず、少し暗い状態で慣らすのも対処方法として効果的です。

スポンサーリンク