肩こりに効くもの

肩こりに効くものについて

スポンサーリンク

肩こりは、国民病ともいえるほど一般的な症状であり、多くの人がつらい症状に悩んでいます。
そんな肩こりの原因で一番多いものが、血流が滞ることによる筋肉の縮こまりや固まりとなります。
ここでは、肩こりに効くものにいついてご紹介します。
 首から肩にかけての血流が悪くなる原因は多岐にわたり、運動不足や姿勢の悪さ、寒さや冷え、疲労の蓄積、睡眠不足、ストレスなど、心身両面の原因が挙げられます。
そして、個々の方の肩こりの原因によって、ベストな肩こりに効くものは変わってきます。
 インターネットが普及した現代において、長時間のパソコン作業などが原因で目の疲れから肩こりの症状を感じる方も少なくありません。
このような方におすすめしたい肩こりに効くものが、血流量を増加させる市販薬を服用するという方法です。
目の疲れや肩こりに効く市販薬は複数販売されているのですが、それらには血流の循環を促進するビタミンE、筋肉のエネルギー代謝をアップするビタミンB6、末梢神経の回復を促すビタミンB12や葉酸などの栄養素が配合されています。
 スポンサーリンク

 なるべく薬には頼りたくないという方も多いのですが、そんな方におすすめしたい肩こりに効くものが肩こり解消ストレッチとなります。
わずか数分で行える肩こりに効くものであり、根本から肩こりを解消させる方法となります。
そんなストレッチのひとつが、顔の前で両肘をくっつけてその肘の位置をキープしたまま、両肘を外に開きます。
そのまま両手を上に挙げ、肘をおろし顔の前に戻します。
この動きを連続して10回行いましょう。
 パソコンの前で椅子に座ったまま行えるストレッチは複数存在していますので、長時間パソコン作業をされる方には、ぜひ実践していただきたい肩こりに効くものとなります。
また、肩こりに効くものとして、食べ物に気をつけるという方法もあります。

ビタミンEやクエン酸、タンパク質を含む食品を意識して摂るようにすることで、血行不良を改善させて疲労物質を分解する効果を期待することができます。
さらに、咀嚼も肩こりに大きく影響していますので、噛み応えのない食べ物ばかり摂らないように注意しましょう。

スポンサーリンク