偏頭痛 めまい 立ちくらみ

生理で起こる偏頭痛やめまい、立ちくらみの対処法

スポンサーリンク

女性にはつきに1度生理が起こり、その生理の症状は女性によってさまざま違ってきたりしますが、症状がひどい人の場合は仕事や生活にも支障をきたすほど辛いものとなっていることがあります。
女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、腹痛やだるさなど、体にその影響が出てきます。
その中でも多くの女性が訴える辛い症状が偏頭痛なのです。
偏頭痛になることの多い女性のほとんどは、その痛みがどのようなものか説明しますと「キツツキにこめかみを突っつかれているような痛み」と答える人が多くいます。
その痛みで仕事をするための集中力が弱くなり、はかどらなくなってしまうという人も少なくありません。
そして偏頭痛に悩まされる人の中には立ちくらみやめまいも同時に起こる人もいたりします。
なぜそのような症状があらわれてくるのか、それは先ほどにも述べたように女性ホルモンのバランスの乱れから起きるものもあれば、貧血から起きてしまうこともあるといわれているのです。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスが乱れる場合はエストロゲンの分泌量の急激な変化で起こるといわれています。
普段から不規則な生活をしていたりストレスをためる生活をしていたりすることで、生理になると女性ホルモンのバランスが特に乱れやすくなってしまい、偏頭痛を発症しやすくなります。
そのためには、バランスの良い生活をできるようにするために生活改善を行なうか、ストレスをためない生活またはストレスをためてもリフレッシュできる方法を見つけることが大事です。
そして貧血から起こる偏頭痛は、生理から血が多く出てくることから発症してしまうものだといわれています。
貧血から起こる場合は、よくコーヒーや紅茶から摂取されるカフェインを多く飲んでいることも原因の1つだといわれています。
カフェインは増血に必要とされる鉄分を対外へ排出してしまう働きがあり、女性の場合は多くは飲まないほうが良いといわれています。
もし飲むのであれば1日2杯か3杯ほどが適量といわれています。

スポンサーリンク