偏頭痛 右 後ろ

頭の右後ろ辺りが痛む偏頭痛の原因と対処法は

スポンサーリンク

偏頭痛に関しては痛む頭の部位によって原因や対処法が異なりますが、頭の右後ろが痛む場合は偏頭痛ではありません。
これは偶発頭痛、後頭神経痛というものになります。
まず、偶発頭痛に関してはその名の通り、たまに起こる頭痛で2年3年周期で訪れ、ひどい場合は2か月程度毎日のように頭痛が続きます。
この頭痛は立てなくなるほどの痛みであり、脳へ血液を送る血管が刺激されることが原因で引き起こされます。
原因として挙げられるのが気圧の変化や身体に悪いアルコールやタバコの摂取であり、自分がそうである場合、もしくは家族がタバコを吸っている場合、それによって引き起こされます。
なので家族や友人にヘビースモーカーがいる場合は自分がいる部屋から出て吸ってもらうことを頼んだり、自分がそのような場合はお酒やたばこを控えるようにしましょう。
そして後頭神経痛に関しては一瞬だけ頭痛が起こると言ったものであり、こちらは日常生活に支障はありません。

スポンサーリンク

それではこれらになってしまった場合、どのようにして治すことが出来るのでしょうか。
まず、偶発頭痛に関してはまず最初に大切なのは禁酒・禁煙であり、それでも治る気配のない場合は病院で医師に薬を雄諸h上してもらいましょう。
ですが薬に関しては内服薬であれば頭痛には効かないのであくまでも頭痛が引き起こされることを予防するためのものとなります。
頭痛が起こった場合にはペン型の注入器を使用して太ももに自分で注射する薬を使用して頭痛を抑えることが出来ます。
後頭神経痛に関しては原因が同じ姿勢をキープし続けてることが原因であることが多く、現代においてはパソコンを仕事で使用することが原因であることが多いです。
そのため、姿勢を維持する場合は正しい身体に負担のかからない姿勢をし、疲れがたまっている場合は休息をしっかり取ることが大切です。
また、肩こりも後頭神経痛の原因であると言われており、そのため、マッサージを行うことも頭痛を抑えるのに効果があります。

スポンサーリンク