偏頭痛 治療 何科

偏頭痛の治療は何科に受診すべきか

スポンサーリンク

頭の痛みと言いますと、いろいろな原因によって発生するわけですが、その多くは命とは関わりがありません。
しかし、頭痛が常に続いているという例よりも、間欠的あるいは突発的に発生するほうが、多数を占めます。
ここでまず、何よりも関心を寄せなければならないのが、本当に今回の頭痛が、命と関わりがないのかということです。
この点において、偏頭痛を繰り返しているタイプの人は、いつものことと楽観視することがあります。
特に偏頭痛は、命とは関わりのない頭痛の代表的なもので、医療機関への受診しない傾向があるのです。
しかし、これまで経験したことがない強い痛みや、痛みが継続する場合には、念のため受診すべきなのです。
このような最低限のことを踏まえたうえで、実際にこの病気を発症した際に、何科に受診すべきか説明します。
まず基本となるのが、神経内科への受診です。
神経内科は、神経によるさまざまな症状を治療するための科で、その担当する領域は多岐にわたります。

スポンサーリンク

欧米などでは、この病気に対する投薬を行うことは、神経内科のみしか許されていない国もあるほどです。
これに対して日本では、さまざまな科において、治療が行われています。
理由としては、日本の医師免許そのものの理念が、全科を対象としているからなのです。
例えば、頭の痛みに対して、ペインクリニックが加療を行うことがあります。
ペインクリニックと言うのは、痛みという症状そのものを対象とする科で、頭の痛みも該当するのです。
具体的には、内服薬の処方だけではなくて、ブロック療法や点滴による治療を行うことが一般的です。
また、偏頭痛の治療を一般内科が行っていることがあります。
一般内科は、身体全体を診る科ですし、かかりつけ医としての役割を担っているからです。
患者の立場からしますと、いつもお世話になっているかかりつけ医に、偏頭痛を相談することは、当然の流れとなるのです。
したがって、偏頭痛の治療は、それぞれの科の特徴を知って利用すると、良い結果に繋がります。

スポンサーリンク