偏頭痛 原因 パソコン

偏頭痛だと思っていたら原因はパソコンの可能性も

スポンサーリンク

頭痛には病気によって起こされる頭痛と、何らかの病気はないのに関わらずくり返し起こる頭痛の2種類あります。
病気によって起こされる頭痛は、放置しておくと命の危険がある可能性もあります。
これまでに感じた事のないような痛みが急に来たり、嘔吐、痙攣等を伴う頭痛の場合は、すぐに病院へ行く事が大切です。
一方、病気ではない頭痛は主に3種類に分けられます。
偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛です。
偏頭痛は、ズキンズキンと波打つような強い痛みがあり、体を動かすとガンガンと頭に響くという特徴があります。
また、月に1回から2回起きることが多く、頭痛が起きる前にはチカチカした光が見えることもあります。
緊張型頭痛は、頭全体が締め付けられるような痛みが起こるのが特徴です。
ストレスやパソコンの使いすぎが原因で起こる事もあります。
群発頭痛は、目をえぐられるような激しい痛みがあります。
1ヶ月から2ヶ月の間、毎日痛みが現れる事が多いです。

スポンサーリンク

頭痛を根本的に治す方法は、まだ発見されていません。
偏頭痛は、血管が拡張して起こると考えられています。
そのため、偏頭痛が起こった場合は、痛みのある部分を冷やし、暗い場所でゆっくりとしているのが良いです。
偏頭痛が起こっている時には、飲酒は控えた方が良いです。
緊張型頭痛は、血管が収縮して血行が悪くなり起こると考えられています。
そのため、緊張型頭痛が起こったら、首や肩のこりをほぐし温める等して血行をよくすると良いです。
また、ストレスを貯めすぎずに適度に発散したりパソコンを長時間行わないようにすると、緊張型頭痛が起こりにくくなる場合もあります。
群発頭痛は、内頚動脈が拡張して炎症が起きているためだと考えられています。
群発頭痛は特に痛みが激しい場合が多いので、専門医の診察を受ける事が推奨されます。
痛みが現れている時期は、飲酒や喫煙は控えた方が良いです。
また、日頃から規則正しい生活を心がけることも大切です。

スポンサーリンク