ロキソニン60mg 偏頭痛

偏頭痛に、ロキソニン60mgの効果について

スポンサーリンク

ロキソニン60mgの成分は、ロキソプロフェンナトリウムであり、熱や痛みをやわらげるプロピオン酸系の消炎鎮痛剤です。
しかし、あくまでも対症療法薬ですので、熱や痛みの原因を治すという薬ではありません。
ロキソニンはもともと、病院で処方されていた薬でした。
頭痛だけでなく、歯科医院で処方されたり、婦人科で生理痛に処方されたり、そのほかにも腰痛や関節痛などにも使われている薬です。
 ロキソニン60mgは、前述しましたように、解熱や鎮痛に効果があるのですが、鎮痛作用が強く、消化器系の副作用が少ないという特徴がある薬です。
現在では、市販薬として、簡単に購入することができるようになったロキソニンは、偏頭痛に関しては、効果が期待できないとされています。
中には効果がある人も存在するのですが、偏頭痛には、脳で拡張している血管を抑えるという対症療法が必要であり、ロキソニンには、拡張している血管を収縮させる効果がないためです。

スポンサーリンク

 偏頭痛に効果があるのは、トリプタン系の薬となります。
痛みの原因物質セロトニンの分泌を、正常に戻す働きがあります。
痛み出してからすぐに服用することが、もっとも効果的なのですが、痛み出した後でも効果を期待することができます。
前述しましたように、脳の血管が拡張することによって、偏頭痛が引き起こされる仕組みなのですが、トリプタン系の薬であれば、脳の血管と三叉神経に作用することができるからです。
  病院にかかったわけではないのですが、ご自分が偏頭痛持ちだと思っている方は少なくありません。
ロキソニンを飲んでも、一向に頭痛が治まらない場合には、片頭痛や群発頭痛など、特殊な頭痛である可能性は高くなります。
ロキソニンは、感覚を敏感のさせる物質「プロスタグランジン」の増加を防ぐことによって、頭痛の痛みをやわらげます。
片頭痛の痛みには、「プロスタグランジン」は関わっていません。
ロキソニンを服用しても頭痛が治まらない場合には、頭痛外来などきちんと病院を受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク