偏頭痛持ち 特徴

偏頭痛持ちの人の特徴

スポンサーリンク

 偏頭痛持ちの人の特徴について、ご紹介します。
偏頭痛持ちの人の性格は、非常に几帳面で聡明である傾向が強くなります。
これは、偏頭痛の人が、脳の興奮性が高く、敏感な脳の持ち主であるがゆえの特徴となります。
偏頭痛の人は、まぶしいところを嫌い、うるさい音や強いニオイに敏感に反応するという特徴があります。
そういった環境下では、脳が異常に興奮してしまい、これを痛みに変えて、危険信号を送るがゆえの反応となります。
 また、偏頭痛持ちの人の脳は、ほかにもさまざまな変化を、敏感に読み取ることができるという特徴があります。
具体的には、気圧の変化や気温の変化、環境の変化、そして、女性の場合には、生理をはじめとする女性ホルモンの変化などが挙げられます。
昔の人は、偏頭痛のことを「天気病み」と呼んでいました。
低気圧が近づいてきたら頭が痛くなるからです。
つまり、偏頭痛持ちの人は、天候によって体調が左右されるという特徴もあります。

スポンサーリンク

 偏頭痛のひどい発作が起こる前には、「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる視覚前兆が現われる方も少なくありません。
閃輝暗点とは、視野にギザギザした稲妻用の閃輝が現われ、これが徐々に拡大していきます。
その後、視覚消失の症状が現われ、やがて頭痛がはじまります。
この症状を閃輝暗点といいます。
 前述しましたように、偏頭痛の人の脳は、通常の人よりも脳の働きが過敏でよすぎるので、その働きが度を越してしまった時に、頭痛となって現れるというわけです。
したがって、偏頭痛持ちの人は、何かひとつにずば抜けた才能を示すことが多い傾向にあります。
例えば、日本の小説家には、偏頭痛の人が多いということは、有名な話です。
日本を代表する有名な小説家などは、実際に小説の中で、偏頭痛の発作が起こる前の閃輝暗点の視覚障害を、歯車に喩えて書いていますまた、偏頭痛は音にも過剰に反応する病気となりますので、過去の著名な音楽家にも、偏頭痛に苦しめられた人が多かったといわれています。

スポンサーリンク