偏頭痛 後頭部 首

後頭部や首が痛む緊張型頭痛や偏頭痛、群発頭痛について

スポンサーリンク

頭痛は大きく分けて2つに分けられます。
まずは、裏に病気が隠れている場合の頭痛です。
この頭痛は、これまでに感じた事のないような痛みが急激に生じたり、嘔吐、痙攣が共に生じる場合が多いです。
この頭痛はくも膜下出血や脳腫瘍などの可能性があ大変危険なので、すぐに病院に行く事が必要となります。
2つ目は、裏に病気が隠されてないのにも関わらず、くり返し生じる頭痛です。
病気が隠されていない頭痛は主に3つに分けられます。
偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛です。
特に多いのが偏頭痛と緊張型頭痛です。
偏頭痛は、頭蓋骨内の血管が広がり炎症を起こしたために痛みが生じると考えられています。
特に女性がなる事が多いです。
緊張型頭痛は、血行が悪くなる事によって痛みが生じます。
緊張型頭痛は最も多く見られる頭痛です。
群発頭痛は、内頚動脈が拡張して炎症が起きるために痛みが生じると考えられています。
男性に多いですが、その数は少なく、まれなタイプと言えます。

スポンサーリンク

頭痛の根本的な治療法はまだ確立されていません。
しかし、自分の頭痛がどのような種類の頭痛かを見極めて、それにあった対処をする事が大切になります。
偏頭痛の特徴としては、ズキンズキンと波打つような強い痛みが生じます。
頭の片側に痛みが生じる場合が多いです。
偏頭痛になったら、痛む部分を冷やして、暗い場所で安静にしていることが大切です。
緊張型頭痛は、後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重い痛みがあります。
肩や首のこりを伴うことが多く、軽いめまいを伴う事もあります。
緊張型頭痛になったら、肩や首のこりをほぐし、温めると楽になることが多いです。
群発頭痛は、目がえぐり取られるような激痛が特徴です。
1ヶ月から2ヶ月の間、毎日1時間から2時間痛みが生じる場合が多いです。
群発頭痛は痛みが激しいので、専門の医師に相談したほうが良いです。
群発頭痛が起こった時は、飲酒や喫煙を避けたほうが良いです。
日頃から規則正しい生活を行う事も大切になります。

スポンサーリンク