偏頭痛 嘔吐 原因

偏頭痛時に起こる嘔吐の原因

スポンサーリンク

 偏頭痛は多くの人が悩んでいます。
それは、頭痛に伴う症状として、ふらつき、吐き気、嘔吐、時には軽い昏睡などがあるからです。
このような症状の時は、音のない暗い部屋で横になり、頭痛が過ぎるのを待つことになります。
吐き気がある間は薬も飲めませんしなかなか眠ることもできません。
 頭痛による吐き気の原因ははっきりしていません。
頭痛による不快感が強くなれば、吐き気や嘔吐が自然に発生するのは当然のことで、偏頭痛の場合は頭痛の原因となっている血管の炎症が神経を刺激して症状が出ていると言われています。
また、最近では、皮質拡延性抑制という神経抑制により三叉神経が炎症を起こすため痛みが悪化し、不快感が強くなるというものです。
いずれにしても、脳に近い頭部の神経が炎症を起こすため過敏になり、強い吐き気が引き起こされるというものです。
 その他、自律神経失調の行動が原因となって、いろいろな症状を起こすという考え方もありましたが、偏頭痛の場合は、この考え方は否定されています。

スポンサーリンク

 頭痛に対する吐き気の対処法は、いずれにしても原因は神経の炎症によるものですから、根本的な治療はほぼ不可能ですので、対症療法になります。
 頭痛に関しては市販薬は薬ごとに成分が異なるため効きにくいですが、吐き気に対しては比較的効きます。
しかし、実際に吐き気を感じるので薬を飲んだ場合は、嘔吐して薬を吐き出してしまい、こういう手の付けられないような状態になる人は、普段から頭痛外来にかかり、偏頭痛自体の治療を行うことになります。
また、発症した時のために、薬を処方してもらいましょう。
他の頭痛と異なり専門的な治療が必要な病気です。
 注意が必要なのは、頭が痛くて吐き気がする場合に他の重大な病気の可能性がある場合で、例えば、脳腫瘍、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、緑内障、副鼻腔炎、うつ病などです。
手足が動きにくい、手足が痺れる、うまく言葉が出ない、急に意識がなくなる、手足の痙攣などが見られるときは、これらの病気である可能性がありますので、救急車で病院へ搬送しなくてはなりません。

スポンサーリンク