偏頭痛 酔い止め

偏頭痛と酔い止めの薬

スポンサーリンク

現代人は非常にたくさんのストレスを抱えているとされています。
したがってこのストレスによって原因不明の頭痛などを発症することもあります。
家事や仕事のストレスなどで頭が痛くなることが非常に多くなっています。
普通に生活をしていても、急に頭が痛くなることもあり、頭痛が続くことで毎日の生活にも何らかの影響が出てきます。
このような頭の痛みの中でよく言われるのが偏頭痛になります。
女性に多いとされていますが、必ずしも偏頭痛だけではありません。
妊娠や整理などのさまざまな原因が関係していることもあります。
別の病気が隠されていることもあるので、あまりにも続くようであれば一度しっかりと病院を受診するようにします。
偏頭痛の原因は、脳の中の血管が炎症反応によって広がり、頬から頭の横の部分にある神経が刺激されて痛みが発生するようになっています。
したがってこめかみが痛くなる人が非常に多いです。
痛みは心臓の動きと連動して感じ、突然襲ってくることが多いです。

スポンサーリンク

主に20代から40代の女性に多く見られるようになっていますが、睡眠のバランスが乱れていたり、過労や女性ホルモンの乱れや無理なダイエットが関係していることもあります。
一度このような痛みが発生するとその痛みは激しく、吐き気や嘔吐や下痢の症状が見られることもあります。
また発生頻度は月に2日から3日程度激しい痛みが発生し、多いときでは週に1回ということもあります。
しかし寝て起きて治ると言うことも多くなっています。
体の向きを変えると痛みが激しくなることがあります。
日本では1割の人がこのような症状を感じています。
その発症率は女性が男性の3倍となっています。
光や音の刺激、気温や気圧の変化に非常に敏感になっているという特長があります。
異常がない頭痛で痛みが軽いと言うときには、車などの乗り物の酔い止めの薬でも効果があります。
偏頭痛は気圧の変化によることが多いので、これは車酔いと同じ状態となります。
したがって市販の酔い止めの薬を服用するのも一つの方法です。

スポンサーリンク