群発頭痛 予防 食べ物

群発頭痛を予防するために気をつける食べ物

スポンサーリンク

頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛に分類され、偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛は一次性頭痛に分類されます。
一次性頭痛は慢性頭痛とも呼ばれる頭痛であり、頭痛自体が病気となります。
それに対して二次性頭痛は、くも膜下出血や髄膜炎など、脳や身体的な原因で引き起こされる頭痛となります。
一次性頭痛の中の群発頭痛は、片側の眼窩(がんか)周辺から前頭部、側頭部にかけて短時間の激しい頭痛が起こり、一度頭痛が始まると数週間から数か月の間、群発的に現われる頭痛となります。
群発頭痛は、夜間〜睡眠中に発作が起こりやすいという特徴があります。
群発頭痛は20歳代〜40歳代の男性に多く、男性の有病率は女性の3倍〜7倍となっています。
群発期には定期的に頭痛が起こるのですが、頭痛の誘発因子としてアルコールが挙げられます。
ゆえに、群発頭痛の予防をするためには、普段から飲酒を控えるという方法が有益です。
群発期にはお酒を飲むと100%発作を引き起こしますので、発作期間中は禁酒となります。

スポンサーリンク

群発頭痛の人には、食べると頭痛の症状を悪化させてしまう可能性のある食べ物が存在しています。
誘発食物として、「チラミン」を含む食べ物が挙げられます。
チラミンを含む食べ物は、チーズやヨーグルト、赤ワイン、ココアなどとなります。
チラミンには、血管を拡張させる作用があるために、目の奥の血管が拡張してしまことによって、頭痛が引き起こされます。
ゆえに、発作を予防するためにも、これらの食べ物をなるべく控えるようにしましょう。
逆に、コーヒーなどのカフェイン入り飲料には、血管を収縮させる働きがあるために、発作を予防する効果を期待することができます。
ただし、カフェインの摂りすぎには注意が必要ですが、症状が緩和されますので頭が痛い時にコーヒーを飲むことはおすすめします。
1日に飲んでも良いコーヒーの量については、缶コーヒーの場合には1日7缶、ドリップコーヒーであれば1日5杯までであれば摂りすぎではありません。
ほとんどの方は、そこまでの量は1日にコーヒーを飲みませんので、コーヒーを飲む量についてはそれほど気にしなくても大丈夫です。

スポンサーリンク