頭痛 後頭部 右 耳の後ろ

後頭部や右側、耳の後ろに出る頭痛

スポンサーリンク

頭痛は一般的には血管が拡張する事によって神経に作用する事で痛みを伴う物であり、大別すると疲労の蓄積を始めとして日常的な要素が絡む物と病気のサインがある場合に分ける事ができます。
前者の場合は多くが老廃物質の排除が上手く行かない時や筋肉の緊張と言った体内の疲れや限界によって引き起こされ、慢性的な頭痛に悩まされている人の多くがこれらが原因となっているのです。
後者の場合は今までに無い痛みがくる事が特徴であり特に疲れの自覚症状も無いのに発生する事も多く、くも膜下出血や心筋梗塞の前兆ともされているので気を付ける必要があります。
この症状と良く勘違いされるのが後頭部に起きる頭痛であり、余り詳しく無い人ですと違う場所で痛みが発生する為に、別の病気を疑う事もありますがこれらも実際には疲労と密接に関係してもいるのです。
特に右側だけとか耳の後ろと言う具合に偏っている場合は大抵が首や方の筋肉が凝り固まっている事が多く、そこをケアする事で改善する事が殆どでもあります。

スポンサーリンク

後頭部で引き起こされる痛みは更に部位によって症状に差がある事も特徴の一つとなってはいる物の、こめかみ辺りにくるズーンとした鈍痛とは違いピキピキとした走る様な痛みがくるともされています。
解決する為には一見するとそうした痛みが走っている後頭部や耳の後ろ辺りをマッサージすると良い様に思えますが、これらはその下から繋がる首や肩の筋肉をほぐしてやると緩和させる事もできるのです。
ただし右側のみが痛いからと言ってケア方法を偏らせると今度は逆側に負担がかかる事もありますので、対処する場合は両方を一緒にと言う形が最善ともなってきます。
ただしこうした症状の中で耳の後ろが痛む物だけはある程度注意して対応するのも大事であり、中耳炎の可能性もある上に、子供の場合ですとおたふく風邪が原因となっている事もあるのです。
こうした症状を適切に判断する為には普段からの体調管理が大事で改善する上でも左右されてきますが、生活習慣が乱れていたり不摂生をしていては容易く悪化するので気を付ける様にします。

スポンサーリンク