頭痛 原因 頭を振ると痛い

頭を振ると痛い原因は偏頭痛?

スポンサーリンク

頭痛には三種類の痛みがあります。
一番多いのが偏頭痛と呼ばれ『頭を振ると痛い』ものです。
脈に合わせてドクドクと痛み、前屈みになったりお風呂に入ったりすると悪化します。
膨張した血管が神経に触れることが原因だと言われています。
二番目に多いのが緊張型です。
頭全体がドヨンと痛むため、孫悟空のような輪っかをはめられたようだと表現する人もいます。
これは文字通り筋肉が緊張するために血流が悪くなって起こるもので、原因はストレスと肩凝りです。
ですので偏頭痛とは逆で、お風呂に入ったりマッサージしたりすると痛みが改善されます。
三つ目は群発型です。
目の奥がとてつもなく痛み、まるで眼球をえぐられているかのような強烈な痛みなので、とてもじゃありませんが目を開けていることなどできません。
また、二つが重なって同時に発祥するケースもあり、それはそれは痛くて日常生活もままならないほどの苦痛です。
人によっては吐いたり寝込んだりもします。

スポンサーリンク

『頭を振ると痛い』原因は偏頭痛です。
軽いものなら少しじっとしていれば治まったりする事もありますが、今回の痛みがどの程度になるかは事前には解りませんよね。
薬を飲むべきか否かの判断は一体いつ行えば良いのでしょうか。
それは痛み始めるもっと前です。
頭痛は我慢すればする程、損だとも言われており、前兆を感じた段階ですぐに薬を飲んだ方が賢明なのです。
しかし、あまり頻度が増えてしまうと今度はその薬によって痛みを誘発してしまい癖になる可能性がありますので、そうなる前に一度、脳神経科を受診してみてください。
詳しく調べると副鼻腔炎が原因だと発見されたり、あるいは脳腫瘍からくるものもあるので命に関わってきます。
頭を振ると痛いだけだからと甘く見ずに、必ず病院を受診して下さいね。
何も病気が見つからなければ安心して頭痛の治療に取り組めますものね。
それに病院でもらうお薬なら薬によって痛みが誘発されるなんて事は起こりませんから安心ですよね。

スポンサーリンク