カロナール 市販薬 授乳

授乳中もOKなカロナールと似た市販薬

スポンサーリンク

カロナールは、風邪や頭痛などで病院にかかると処方されることの多い薬です。
アセトアミノフェノンという成分が含まれており、この成分により解熱効果や鎮痛効果をもたらします。
そのため、偏頭痛などの頭痛薬としても有効です。
カロナールの魅力は副作用が少なく効き目が穏やかな点です。
また、血液中への影響が少ないので授乳中も飲めるというのも大きな魅力です。
授乳中は母乳を介して赤ちゃんにも薬の成分が影響してしまうため、多くの薬が飲めませんが、カロナールは影響が少ないので服用しても問題ないとされています。
ですが、カロナールは処方薬のため、ドラッグストアなどで気軽に買うことができません。
風邪ならば病院にいかなければと思っても、偏頭痛くらいでは、子供を預けたり連れて行ったりという大変な思いをしてまで病院にいこうと思う人はあまりいないかもしれません。
かといって、偏頭痛は放置しておくにはかなりつらい症状です。
そんな人には同じ成分の市販薬がおすすめです。

スポンサーリンク

カロナールと同じ成分で授乳中も服用できる市販薬とは、アセトアミノフェノン単一で処方されている薬です。
一つだけではなくて、いくつか種類があります。
アセトアミノフェノン単一ならば安全性が高く副作用が少ないので、安心して服用できます。
ドラッグストアなどで市販薬を探すときは成分を見てアセトアミノフェノン単一のものを選ぶと安心です。
市販薬の場合、病院処方の薬よりも一日に服用できる薬の数が少ないことが多いです。
それは、医師の管理の元処方されているか否かの違いなので、痛みがひどくても適用を超えて服用しないように気をつけましょう。
また、授乳中でも影響は少ないのですが、薬の成分は服用してから一時間くらい後に最も血中濃度が高くなることが多いです。
その後、五〜六時間ほどで薬の成分はほとんどなくなります。
そのため、授乳してから薬を服用し、次の授乳には五時間くらいあけるようにするとベターです。
心配ならば搾乳してからだとより安全です。
ただ、薬により成分の残り方は変わるので薬剤師に相談して購入しましょう。

スポンサーリンク