こめかみ 押すと痛い 腫れ 原因 対処法

こめかみが腫れたり押すと痛い原因と対処法

スポンサーリンク

こめかみが腫れたり押すと痛い症状で考えられる原因はいくつかあります。
まず風邪が原因でリンパ腺にウイルスや細菌が侵入して、こめかみが腫れたり押すと痛い症状が現れたりします。
その他の原因では顎関節症が考えられます。
強い負担が顎にかかり発症し、かみ合わせや歯ぎしりストレスなどが原因と言われております。
また日常のストレスや疲労が溜まり体調不良で免疫力や新陳代謝が低下し吹き出物やニキビなどができて、こめかみが腫れ押すと痛い症状がでる場合もあります。
その他では石灰化上皮腫が考えられ、皮膚の内側に腫瘍ができその一部が石灰化するというものです。
強い痛みはないですが痒みがあったり押すと少し痛みがあります。
こめかみが腫れる症状では進行すると悪化して重症化をすることも考えられますので、原因を確定させて適切な対処法を取るようにすることが大切です。
まずはかかりつけの病院を受診して医師に詳しい症状を診察、適切な治療をすることが大切です。

スポンサーリンク

もしリンパ腺が原因のときには風邪の症状であれば、風邪の完治とともにおもな症状も改善します。
万一、腫れが大きくなったり風邪をこじらせたりしたときには早めに病院を受診し抗生物質などによる治療が必要です。
風邪以外のリンパ腺の場合には、悪性腫瘍や悪性リンパ腫の可能性もあり得ますので医師の診察を受けてください。
原因が顎関節症のときには、まず日々の自分自身の生活習慣を見直すことが必要です。
仕事などでなるべくストレスや疲労を溜めないようにしたり悪い姿勢をとっている場合には正しい姿勢を保つように心がけ、またかみ合わせを改善するようバランスよく噛むようにするなどの改善や対処法を取ることが大切です。
定期的なマッサージやマウスピースの使用による対処法もよいでしょう。
石灰化上皮腫の場合には外科手術が必要ですので医師によく相談してください。
吹き出物やニキビなどが原因のときには基本的には日々の生活習慣を見直し、なるべくストレスや疲労を溜めないように心がけましょう。

スポンサーリンク