偏頭痛 診断基準

偏頭痛の診断基準で簡易チェック

スポンサーリンク

偏頭痛には国際頭痛分類となる診断基準によって前兆の有るタイプと無いタイプに分けることができ、診断基準と照らし合わせることによって頭痛の症状を簡易的に判断することが可能となります。
前兆の無い片頭痛は、治療などを行っておらず、頭痛の持続時間が4時間から72時間であることが挙げられます。
さらに、片側性・拍動性・日常的な動作で頭痛が悪化するなどの項目に該当し、頭痛発作中に悪心や光や音に過敏に反応する場合には前兆の無いタイプに該当します。
逆に前兆の有る偏頭痛の診断基準は、陽性徴候あるいは陰性徴候を含む完全可逆性となる感覚症状または視覚症状である場合を挙げることができ、さらに何らかの前兆が5分以上起こるなどの持続時間が5分から60分であることに該当する場合にも偏頭痛と診断できます。
これらの項目は、他の疾患や運動麻痺などを伴わないことが前提となるために判断が難しい場合には医療機関を受診することが大切です。

スポンサーリンク

偏頭痛の対処方法としては、一番に刺激になる事柄を避けることが挙げられています。
特に頭痛発作がある際、光や音に過敏に反応することは避ける必要があり、眩しく感じる光となるスポットライトが輝く施設の出入りや不快となる騒音を感じる場所、さらにはニオイも偏頭痛の際には過敏に反応するため、頭痛発作が万が一起こった場合には場所を移動する必要があります。
さらに、横になったり、椅子や床に座って症状が緩和するまで安静にすることが必要です。
また対処法としては、痛みを軽減できる作用のあるカフェインを含む飲み物をゆっくり飲むことも挙げることができ、コーヒーやお茶などが最適です。
その他、頭痛を感じる部位に冷やしたタオルや冷却シートなどを当てることにより、血管を収縮させて痛みを緩和させることが手軽に行えます。
頭痛薬は副作用のリスクが心配となりますが、セルフケアであれば身体への負担を軽減させることができ、軽い症状の場合に有効的な方法です。

スポンサーリンク