こめかみがピリピリ痛い 原因 対処法

こめかみがピリピリ痛い原因と対処法

スポンサーリンク

こめかみがピリピリ痛いというような症状で考えられるのは後頭神経痛です。
この場合、緊張性頭痛と似た症状がでます。
後頭神経痛は神経痛のひとつで後頭部の筋肉の緊張が強くなることが主な原因です。
その他ストレスや疲労、肩こりやケガなどの外傷、風邪などの体調不良などが考えられます。
後頭部や耳の後ろなどには神経があり筋肉の緊張により神経が刺激、圧迫されてこめかみがピリピリ痛いというような症状が現れます。
または血管の圧迫が原因の場合も同じ症状がでる場合があります。
ケガによる外傷の場合では頭部打撲で頭部へのダメージにより神経が傷つき、炎症が起きてこめかみがピリピリ痛いというような症状が現れます。
首のあたりの骨の歪みによって変形し神経が刺激、圧迫されて発症する場合もあります。
ときには後頭神経節に侵入、潜伏していたヘルペスウイルスがストレスや疲労で体調不良になり、免疫力が低下したときに活性化し発症する場合もあります。
いくつかの対処法がありますが、はじめは自分なりの対処法で改善しようとしてもウイルス性など原因を特定して適切な治療が必要なときには病院を受診して原因を確定させた対処法をおすすめします。

スポンサーリンク

後頭神経痛は後頭部の頭頂部や側頭部のこめかみがピリピリした痛みが特徴の神経痛です。
突然痛みがでる場合も多く見られ、痛みが酷いときには眠れないほどのつらい痛みがでることもあります。
病院での診察で原因を確定させるためCTやレントゲン、MRI等で脳の異常や血液検査によってウイルスの感染症などを検査します。
通常の治療では消炎鎮痛薬が使われ痛みなどの症状の改善があまりないときには、神経ブロック注射を処方することもあります。
このような対処法も痛みなどの症状の緩和、改善するための処方ですが、痛みが緩和した後は少しずつ完治するまで様子をみることになります。
そのため強い痛みをともなう症状の場合には神経ブロックなどの治療が効果的になります。
初期症状の自己判断では風邪や頭痛と思っているうちに、症状が悪化することもありますので早めにかかりつけの病院を受診するようにしましょう。
ウイルスが原因の場合も含め、日頃の自己の健康管理をして規則正しい生活を心がけなるべくストレスや疲労を溜めないように、少しでも疲労を感じたときには十分な休息をとるようにしましょう。

スポンサーリンク