頭痛 右側 耳の後ろ

頭痛〜右側や耳の後ろが痛む原因は?

スポンサーリンク

耳の後ろ側だけや右側だけと言った形で偏った痛みが頭に現れると不安になる人も多いのですが、言語能力や運動能力に支障が見られない場合はそれらは頭痛の一種である可能性が高いのです。
頭痛と言うと多くの人が顔の前面に症状が現れると思いがちではあるものの、実は肩や首の筋肉が影響して引き起こすケースもあるのでそれらは主に耳の後ろ側や右側にだけあるいは左側だけと極端な形で痛みが出てきます。
またこうした耳の後ろ側に出る様な頭痛は瞬間的に痛みのピークがくるのも特徴の一つとなっており、一般的に認識されている頭痛の痛みとはやや性質を異にしている面も持っているのです。
これらは後頭神経痛と言う形で分類されてもおり部位によってはその痛み方も似てはいるものの多少の違いが見られ、大まかに分けると頭頂部とそのサイドそして耳の後ろ側付近ともなっています。
部位が違うので一見すると全く別の要因が関係している様にも思えますが、大本は疲労等で蓄積された筋肉の凝りが原因として上げられるのでそこに処置を施すと改善してもくるのです。

スポンサーリンク

耳の後ろ側や右側と言った所に痛みが出た場合は先ずは肩や首周りの筋肉をほぐしてやると良く、方法としては幾つかありますがストレッチや湿布を貼る方法も有効とされています。
ストレッチ方法は主に肩を回したりすると良いのですが肩甲骨も動かす事を意識すると良く、また湿布類を利用する時はその時々によりますが血の巡りを良くすると改善するので温めるタイプを使うのがベストともなります。
また老廃物質が蓄積されていても同様の症状に陥るのでリンパ腺をマッサージしてやるのも効果的で、特に頭部や顔の部分は筋肉を殆ど使わない方も多いので盲点とも言える方法となっているのです。
ただしリンパ腺をマッサージする時には場所を正しく理解せずに行わないと逆効果でもあり、更には正しく圧をかける為にはオイルやクリームも用いないと肌にダメージを与える事もあるので注意が必要となります。
その他にもストレスによってもこう言った症状の頭痛は現れるとされているので、適度にそれらを発散する方法を取り入れる事も考えておくべきなのです。

スポンサーリンク