群発頭痛 予防 食事

群発頭痛の食事での予防法

スポンサーリンク

およそ日本国民の4人に1人が悩んでいるという身体の症状の1つに「頭痛」があります。
しかし一口に頭痛といっても症状や原因が異なったり、男性と女性では発症しやすい頭痛に違いがあるなど頭痛といっても様々です。
それでは男性が発症しやすい頭痛と女性が発症しやすい頭痛について説明していきます。
まず男性が発症しやすい頭痛のタイプは群発頭痛という頭痛になります。
そもそも群発頭痛とは何かというとある期間に集中して頭痛が起こり、一度頭痛が起こると1か月から2ヶ月症状が続きます。
症状としては左右のどちらかだけに目をえぐられるような耐え難い痛みが決まった時間に起こります。
その他に目の充血や鼻水を伴うこともあります。
群発頭痛は薬物療法と酸素吸入によって治療を行います。
自分で出来る群発頭痛の予防法としてはマグネシウムを多く含む食事を心がけます。
具体的にマグネシウムはゴマやナッツ類、海藻類、豆類に含まれているので普段の食事から摂取しやすいですが、食事からの摂取が難しい場合はサプリメントがオススメです。

スポンサーリンク

次に女性が発症しやすい頭痛のタイプは偏頭痛という頭痛になります。
偏頭痛は頭部の片側だけにズキンズキンと脈打ってるような痛みが起こり、一度偏頭痛が起こると4時間から3日間程度症状が続きます。
偏頭痛は痛みの他にも吐き気や音や臭いに敏感になるなどの症状を伴うことが多くなります。
偏頭痛は薬物療法によって治療を行います。
自分で出来る偏頭痛の予防法としてはマグネシウムとビタミンA、B、C、Eなどを多く含む食事を心がけます。
具体的にはゴマやナッツ類、海藻類、豆類、野菜、乳製品、豚肉、フルーツなどで、こちらも普段の食事から摂取しやすい食品です。
もちろんサプリメントからの摂取も有効です。
そして群発頭痛と偏頭痛ともに症状が酷い場合は、日常生活に支障をきたすことも珍しくはないので我慢をせず早めに専門のクリニックでの治療をオススメします。
そしてストレスを溜めない、適度な運動をする、生活リズムを整えて規則正しい生活を送るということも予防に繋がります。

スポンサーリンク