頭 押すと痛い 何科 原因

頭を押すと痛い原因と何科を受診すればよい?

スポンサーリンク

同じ頭痛で内部から感じる痛みと外側から押すと痛みを感じる場合があります。
その中で外側から押すと痛い場合で頭頂部などのコリから痛みを感じるときと、こめかみを触ると痛みを感じる場合がありくしを髪の毛に通しただけで痛みを感じる場合もあります。
この場合は後頭神経痛が考えられます。
外側から押すと痛い場合には主にコリが原因のときと後頭神経痛が原因の場合があり、コリは顔が老けて見える原因になったり抜け毛や髪の毛の質の低下にもなります。
この症状がでる場合には同時に眼精疲労や肩こり、顔の肌のたるみなどの症状も伴うこともあります。
こういう症状のときには普通、はじめは肩や首などのコリにだけ気になりがちですが、肩や首のコリ以外の原因や血行不良からくる原因には気づかないことがあります。
そのため症状によっては何科に受診すればよいのかわからない場合もあります。
症状にあわせて何科に行けばよいのか多少迷うことが考えられますが、外側から押すと痛いという場合には先ほどの2つの原因が考えられますので、何科でなければならないというよりはまずかかりつけの内科か皮膚科に受診して医師によく相談すればよいでしょう。

スポンサーリンク

外側から押すと痛い症状の場合の2つ目の原因で考えらる後頭神経痛のときは、神経に沿って症状が現れズキズキとした痛みや手で髪の毛を触ったりくしを通したときに痛みを感じます。
また急にキリキリという痛みを感じたり耳の上や後ろにかけて痛みを感じることもあります。
症状も数日から数週間続くことがあり、ときに瞬間的に痛みが生じる場合があります。
このような症状の場合におもな原因としては日常的に仕事などで、悪い姿勢をとっている場合や同じ姿勢をとっている場合が多かったり、ストレスなどが考えられます。
そのため症状の再発や予防するには日頃の生活習慣を見直し、自己の健康管理をして規則正しい生活を心がけてください。
普段からストレスや疲労を溜めないように心がけてましょう。
ストレスや疲労から体調不良になり免疫力か低下して血行不良などの症状が生じます。
日常から少しストレスや疲労を感じたときにはなるべく十分な休息をとるようにしましょう。

スポンサーリンク