右耳後ろ 頭痛 原因

右耳後ろが痛む原因は頭痛?

スポンサーリンク

右耳後ろが痛いと言う症状は人によっては慢性的に起こる物であり何かの病気を疑ってしまう事もありますが、特に体調に異変も無く発熱や嘔吐をしなければそれらは頭痛が原因の可能性が高いと見るべきです。
頭痛なのになぜ右耳後ろが痛いかと言うとこれは後頭神経痛と呼ばれる物が根拠となり、しかも痛覚を感じる部分自体が意外と広いのも特徴で耳辺りどころか場合によっては額付近まで人によっては痛みを感じる事があります。
頭痛の一種でもあるので血管の拡張がそうした要因となってもいますが原因自体は実は肩や首に存在し、疲れが溜まり過ぎていたり肩周りの筋肉が凝り過ぎると発生してくるのです。
特に現代ではパソコンを利用する形でデスクワークが多く更には俯いて携帯電話の画面を見る機会も多いので、こうした症状にかかる人が増える傾向にもあります。
また右耳後ろと言う形で特定の部位が痛む場合は右側の方に重度の負担がかかっている可能性も高く、放置していると耐え難い痛みに発展する事もあるので注意すべきです。

スポンサーリンク

基本的にこれらも頭痛ではあるので原因となる箇所に何かしらの処置を施せば緩和し、また余程無理をしない限りは放置していても一週間程度では症状は治まってもきます。
ただし右耳後ろに痛みを伴う症状には年齢的な物や抱えている持病によっては性質が異なる事もあるので、思い当たる面がある場合は頭痛と決め付けずに病院で診てもらう事も重要となるのです。
特に子供の場合はこの様な症状にかかる可能性は低く、風邪と言った病気の方を疑うべきでもあり、実際におたふく風邪では似た様な痛みが伴う事もあるので気を付ける必要があります。
また中耳炎と言った耳の病気にかかっても同じ様に痛む事があるので注意すると共に、耐え難い症状が感じられるのなら早期に医者に相談する様に心掛けるべきなのです。
と言うもの右耳後ろと言った形で特定の部位が痛む場合は時に重大な病気のサインである可能性も高く、一例を上げると動脈硬化もあり得るので油断すると大変な事になります。

スポンサーリンク