毎日頭が痛い 原因不明 治療

毎日頭が痛いが原因不明の時の治療法

スポンサーリンク

毎日頭が痛い、それもこれといった原因が考えられなくて、困っているという人はいませんか。
このような原因不明の頭痛がする時は、緊張型頭痛を疑ってみる必要があるかもしれません。
この緊張型頭痛というのは、同じ姿勢を続けていたり、運動不足が続いたりすることによって起こりやすい頭痛です。
ストレスが原因のこともあります。
頭の回りを締め付けられるような痛みを覚え、しかもそれが30分以上続きます。
頭痛以外の自覚症状としては、ふわふわするようなめまい、あるいは首や肩の凝りなどを感じることがあります。
また動いたり、患部を温めたりすることによって痛みが和らぎます。
しかし毎日頭が痛いのを、どうにかしたいという人も多いでしょう。
その場合の治療法はどのようにすればいいのでしょうか。
通常は鎮痛薬で治まることもありますが、普通の緊張型頭痛であれば、患部をほぐしたりストレッチをしたり、あるいはお風呂に入ったりすることで、治ってしまうことが多いものです。
またウォーキングなどをすると、体を動かし、同時にストレスも解消できますのでお勧めです。

スポンサーリンク

それから薬を服用する場合ですが、毎日頭が痛いからといって多量に服用するのはよくありません。
特に、月の半分以上頭痛があり、10日以上薬を飲んでいると、脳が痛みに対して敏感になって、前よりも痛むようになって来ます。
また頭痛そのものも複雑化し、かえってひどくなってしまいます。
これを薬物乱用頭痛といいます。
この薬物乱用頭痛を防ぐためにも、なかなか治らない時は病院に行って、きちんと薬を処方してもらい、治療を行うのがいいのです。
原因不明の場合は、病院の頭痛外来を受診するのがお勧めですが、近くにない時は内科でもいいでしょう。
また原因不明と思っていた頭痛でも、医師の診察を受けた結果、脳疾患や耳の病気だったということもあります。
もし他の病気が原因で起こっていた場合は、まずそちらの方の治療、場合によっては手術を行うのが先決です。
特にめまいが起きたり、朝頭痛が激しくなったり、耳鳴りがしたりという場合は、他の病気によるものである可能性が大きいので、すぐに病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク