頭痛い 表面 原因

表面が頭痛い原因

スポンサーリンク

頭痛いと感じることは多く様々な原因が関係しているといえます。
特に頭皮が痛いと感じることがあるときには頭痛ではないという場合があります。
それは後頭部であることも多く後頭神経痛とも呼ばれています。
これは平たく言うと頭の中ではなく表面の皮膚の神経に痛みが出ている症状ということになります。
多くの人は長くても1週間くらいで改善に向かいます。
この症状の特徴としては頭の表面に痛みを感じるということです。
それも頭皮に非常にズキズキとした感じの痛みが出てきます。
後は耳の後ろあたりに痛みを覚えることもあります。
頭痛とは違った頭痛いと感じる症状です。
髪をとかすと痛いということも出てくるので日常生活にも支障をきたすこともあります。
単純に後頭神経痛だけではなく、他の現象とあわせて出てくることもあります。
特に症状の出やすい人の原因としては、ストレスの多い生活を続けているとか、夜更かしや運動不足などがあります。
姿勢が良くない場合にもなる場合があります。

スポンサーリンク

体には無数の神経が通っています。
その神経が状況によっては過剰に反応をすることで痛みが出てきたりすることもあります。
神経というのは体に何か異変を感じた時に気がつけるように働くということがあります。
痛みということを感じることで体の異常を知らせるということになります。
しかし、それが過敏に働いてしまうと過剰な痛みになって出てきてしまいます。
後頭神経痛もまさにそういう状況であるといえます。
特に頭の部分には本当に多くの神経が通っています。
頭痛いという状況になってくると何か特別な病気が潜んでいるということを考えることもあります。
しかし、実際には多くの場合、神経が過敏に反応する神経痛であることが多いです。
後頭神経痛などもまさにそのひとつです。
表面がピリピリ感じるというような症状が出ている場合には、まさにそれが原因であることも多いといえます。
とにかく原因についてしっかりと認識しておくことが大切になってきます。
そのためには異常を感じたら診察をうける必要があります。

スポンサーリンク