緊張型頭痛 コーヒー 効果

緊張型頭痛へのコーヒー効果

スポンサーリンク

緊張型頭痛は、偏頭痛の対極にあるような頭痛となります。
緊張型頭痛は、頭を締め付けられるような頭痛が毎日のように続きますが、比較的軽い頭痛の場合が多く、動いても偏頭痛のように痛みはひどくなりません。
時々起こる程度であれば日常生活にそれほど支障は及ぼさないのですが、慢性型になると難治性で生活支障度も高くなってしまいます。
偏頭痛治療薬トリプタン製剤のような特効薬はなく、治療という面では偏頭痛よりも厄介な頭痛となります。
緊張型頭痛に関しては、ストレスのマネジメント、姿勢の矯正、肩こりを解消するための運動療法などが、薬物療法に匹敵する効果を期待することができます。
緊張型頭痛の発症のしくみについては、いまだに不明な点が多いのが現状です。
偏頭痛の場合には、コーヒーを飲むと痛みがやわらぐ効果を期待することができるのですが、緊張型頭痛の場合には、コーヒーなどカフェイン入りの飲み物は、頭痛を悪化させて痛みが強まる可能性がありますのでNGとなります。

スポンサーリンク

コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる作用があります。
ゆえに、脳の血管が腫れあがり三叉神経を刺激することによって、痛みが引き起こされる偏頭痛には効果があります。
コーヒーを飲むことで腫れあがった血管が収縮するからです。
しかし、緊張型頭痛の場合には、肩こりなど筋肉の緊張が原因となりますので、コーヒーを飲むことで血流が悪くなり、さらに頭痛がひどくなる可能性があります。
カフェインは、そのほかの病気のリスクを軽減させるともいわれているのですが、カフェイン入りの飲み物の効果には個人差もあります。
また、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざがあるように、コーヒーの飲みすぎで激しい頭痛を引き起こす場合のあります。
ゆえに、小さめのカップで1日3杯までを目安にするようにしましょう。
紅茶にもカフェインは含まれています。
紅茶の場合の1日の摂取目安量は小さめのカップで4杯となっています。
そのほか緑茶やココア、コーラなどにもカフェインは含まれていますので、摂り過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク