歯痛 頭痛 こめかみ 耳 原因

歯痛で頭痛やこめかみ、耳に痛みが出る原因

スポンサーリンク

歯が痛むことはよくあることです。
しかし、放っておくと様々なことを引き起こす原因にもなってくるので注意が必要です。
歯が痛いというのは歯のエナメル質が削れてしまって中の神経を刺激することで起こる現象です。
歯痛をそのままにしておくことは歯痛を悪くするばかりでなく、頭痛の原因にもなってきます。
虫歯をそのままにしておくと神経が炎症を起こしてしまうことによって頭痛を訴える場合があります。
その他にも耳やこめかみなどに痛みが出てくる場合もあります。
それも場所的にはっきりしない痛みというケースが多いです。
噛んでいる時に痛みが少し出ている程度であれば大丈夫ですが、それをそのままにしてしまっていると、そのうちに歯の神経の痛みによって付随的な症状として頭痛や耳、こめかみの周辺の痛みになってきます。
そういった症状が出てくる前に痛みが強くなってきたら早めに歯医者さんに診てもらうことが大切です。
自己判断はせずに専門家に任せることが大事です。

スポンサーリンク

頭痛が歯痛と同時に出てくる場合には歯の痛みが原因で出ている場合が多いといえます。
それは神経を介して頭にも痛みが伝わっているということです。
もう一つ考えられるのは親知らずによる頭痛です。
生え方によっては歯茎を圧迫してしまうこともあって放っておくと頭痛になります。
もちろん耳やこめかみの周辺に痛みが出てくる場合も同様になります。
痛みが出た時にはとにかく鎮痛剤を飲むというのが正しい対処法です。
最近では様々な痛みの症状に効く痛み止めの薬が販売されています。
とにかく痛みをとって少しでも楽になることも大切です。
その上で、歯を冷やしてあげることも大切になります。
歯の痛みは歯の血流が増えて神経が圧迫されて起こる場合が多く、その対策の為には血流を抑えてあげるのが一番です。
その他にも歯の痛みに効くツボもあります。
そういうところを押してあげるのも効果的です。
しかし、できるだけ早く歯医者さんに行って診てもらうことが一番重要です。

スポンサーリンク