偏頭痛持ち 特徴 対処法

偏頭痛持ちの特徴と対処法

スポンサーリンク

頭痛にはいくつか種類がありますが、多くの人が悩まされているのが偏頭痛です。
偏頭痛とは、慢性的な頭痛であり、定期的に起こります。
偏頭痛の特徴は、鼓動に合わせてズキズキと痛みが出ます。
左右両方に痛みが出る場合もあれは、片側、また後頭部だけに痛みがでるなど、症状は様々なのです。
また、偏頭痛の特徴として、前兆が起こる事があります。
これは閃輝暗点と呼ばれており、目の前がちかちかと光り、最初は小さいですが、だんだん広がって全体的に光って見えなくなってしまいます。
また、偏頭痛は痛みがひどくなると、吐き気なども起こり、起き上がるのが困難になる人もいるほどです。
偏頭痛持ちの特徴ですが、男性よりも女性に多いといわれています。
脳内伝達物質である、セロトニンが大きく関わっており、セロトニンがストレスやホルモンが原因で、過剰に分泌されると偏頭痛が起こりやすくなります。
そのため、偏頭痛持ちは女性の方が多くなっているのです。

スポンサーリンク

偏頭痛持ちの方は多く、あまりの痛さから、仕事や家事などができなくなり悩んでいる人も多いのです。
頭痛が起こると、マッサージをしたり、温めると良いと考えてしまいますが、偏頭痛は、血管が拡張している事から起こるため、冷やすことが対処法になります。
温めたり血流を促進させるのは、逆効果になるため注意が必要なのです。
痛みが出ている箇所を、氷などで冷やして様子をみます。
他にも対処法として、人混みを避けたり、テレビや電気などの光りを避けることも大切です。
自宅にいるのであれば、明かりを消して横になり、安静にします。
外出中であれば、自宅に帰るか、静かな場所に移動するのが対処法になります。
偏頭痛は、生活習慣も大きな原因になると言われているため、ストレスが溜まっていたり、睡眠不足や食事のバランスが乱れている場合には、規則正しい生活に戻す必要があります。
また、偏頭痛だと思っていたのに、実は他の病気が隠れている場合もありますので、あまり症状がひどい場合には、一度病院での検査も必要です。

スポンサーリンク