偏頭痛 甘いもの

甘いものなどで偏頭痛を引き起こす可能性がある

スポンサーリンク

甘いものなど特定の食べ物を食べた際に起こる偏頭痛があります。
偏頭痛の原因の一つとして考えられているのは、急激な血管の拡張および収縮とされています。
食べ物の中には、血管を拡張される作用のある成分が含まれているものもありそれらを食べると、頭痛がしたり頭が痛くなったりする場合もあるのです。
アルコールには、血流を良くする作用があるため、飲むと頭が痛くなると言う人が多いですが他にも様々な食物がそれらに該当します。
特に甘いものの中でも代表格であるチョコレートには「チラミン」という成分が含まれています。
チラミンには、血管を拡張させる作用があるため、食べ過ぎると頭の血管が拡張してしまうことがあります。
食べ過ぎると起こる作用なので、適量を食べるのには全く問題がありません。
甘いものが好きだけれど、食後に偏頭痛がするという人は量を減らしてみるなどの工夫が大切です。
逆にあまりにも日頃から甘いものを食べない人も、血糖値が下がった時に頭が傷むことがあります。

スポンサーリンク

血糖値が下がると、頭痛がしたりという人も反対にいます。
そういう人は、飴などを頻繁に舐めるなどの工夫が必要になるので個人に合わせて対応しなければいけません。
またチラミンはチョコレートだけでなく様々な食事に含まれています。
中でも有名なのは、チーズとワインです。
チーズとワインにもチラミンが含まれているので、飲み過ぎ食べ過ぎには注意です。
チーズと同じく発酵食品でチラミンが含まれるのがキムチです。
お酒の宛として食べる人も中にはいますが、アルコールと一緒に摂取すれば頭痛の起こる可能性も高くなってしまいます。
また辛味成分であるカプサイシンにもその作用が見られるため、韓国料理などを食べる際には注意が必要になります。
血液を拡張させる作用があるのは、チラミンだけではありません。
グルタミン酸ナトリウムと亜硝酸。
タンニンなどにもその作用が見られます。
うま味調味料や成分に多く含まれるグルタミン酸ナトリウムおよび、お茶や豆類なども可能性があることを知っておくことが大切です。

スポンサーリンク