群発頭痛 冷やす 効果

群発頭痛を冷やす効果

スポンサーリンク

群発頭痛とは、片目の奥をえぐられるような激しい痛みを伴う頭痛です。
痛みは厳密に片側に限定され、眼球の入っているくぼみである眼窩(がんか)や眼窩上部が痛み、あるいは側頭部が痛むこともあります。
痛くてじっとしていることができず、結膜が充血したり涙が出ます。
まぶたが下がる眼瞼下垂やまぶたが腫れる眼瞼浮腫といった症状が出ることもあります。
前頭部や顔面に汗をかき、鼻がつまったり逆に鼻水が出ることもあります。
群発頭痛の痛みの周期や頻度については、年単位の周期である一定に期間中毎日、同時刻に発作が起こります。
2日に1回から1日に8回程度の頻度となります。
痛みの持続時間は、15分〜180分ほどとなっています。
アルコールが最大の誘発因子となりますので、群発期はたとえ少量であっても飲酒は厳禁となります。
またタバコも誘発因子となりますので、禁煙も必要です。
痛む時には医療機関を受診して、適切な治療を受けられることをおすすめします。

スポンサーリンク

群発頭痛は、血管の大幅な拡張が原因となりますので、血管を収縮させる効果がある冷やすという行為は正解です。
頭痛は種類によっては、冷やすのではなく患部を温めることによって、痛みを和らげることができる頭痛もあるのですが、血管が拡張している群発頭痛には、冷やして血管を収縮させるという対処が効果的です。
冷やすことによって痛みを緩和させることができる頭痛には、冷やす以外にもこめかみを押さえて血管を圧迫し、血流の勢いを緩やかにさせたり、カツオやマグロ、ハマチなどを食べてセロトニンの生成を促進させたり、酸素吸入を行なうことによっても痛みを緩和させる効果を得ることができます。
前述しましたように、群発頭痛は血管が拡張したことで神経を刺激して痛みが発症します。
そもそも血管が拡張するのは、酸素を送る必要があると脳が判断しているためですので、酸素吸入が痛みを緩和させるために効果的だというわけです。
ホームセンターなどで簡易的な酸素吸入用のスプレー缶が販売されています。

スポンサーリンク