腰椎麻酔 頭痛 対処法 副作用 症状

腰椎麻酔で起こる頭痛の対処法と副作用の症状

スポンサーリンク

腰椎麻酔を行ったことがあるというような人がいます。
このときに身体の他に部分に不快な症状が現れるというようなことがあります。
その中の一つに頭痛があります。
腰椎麻酔を行った後にひどい頭痛に悩まされるという人が少なくありません。
このようなときには対処法があります。
腰椎麻酔というのはどのような特徴があるのかというと、それは次のようになっています。
腰には腰椎という部分がありますが、ここの間から注射器を使って脳脊髄液中に麻酔薬を入れるというようになっています。
このような処置を行うことで、胸から下の下半身を麻痺させることができるようになっています。
どのようなときに行われているのかというと、病院では、下腹部から足までに関する手術を行うときに行われるようになっています。
比較的頻繁に行われている麻酔となっています。
しかしこの処置を行った後に頭痛を感じるという人がいます。
これは麻酔薬の副作用として考えることができます。

スポンサーリンク

薬ということで、副作用の可能性が全くないということはありません。
この副作用で頭に痛みを感じるということがあります。
手術を行ったあと1週間程度の間に症状が現れることが多くなっています。
合併症として考えられていますが、脊髄麻酔後頭痛と呼ばれるようになっています。
これは髄液が漏れることが原因として考えられています。
これによって脳の圧力が低下してしまいます。
めまいの症状に悩まされるということもあります。
対処法としては、麻酔の後に症状が現れたときには、水分をできるだけたくさん取るようにします。
水分をたくさん取ると、脳の髄液が作られる量を増やすことができます。
このような対処法を行っても症状が改善しないという場合には、医師に相談をするようにします。
頭の痛みに関しては、動くことで強く感じるようになっています。
したがってできるだけ安静にしておくようにします。
髄液が漏れているところに注射をし、血で固めるという治療が行われています。

スポンサーリンク