朝 頭痛で目が覚める 原因

朝、頭痛で目が覚める原因

スポンサーリンク

朝、頭痛で目が覚める原因としては、寝る時の姿勢が神経圧迫を引き起こしていることが原因であったり、睡眠時無呼吸症候群の症状で頭痛がしたり、低血糖症状で頭痛がするなどが原因として考えられます。
その中で、睡眠時無呼吸症候群タイプの頭痛について、ご紹介します。
そもそも睡眠時無呼吸症候群とは、就寝中に10秒以上呼吸が停止した状態が、30回以上現われる状態のことです。
呼吸が停止するということは、それだけ脳への酸素の供給が不足します。
睡眠中に脳が酸欠状態を起していますので、朝起きる時に脳が危険信号を発して、頭痛で目が覚めるようになるというわけです。
頭痛で目が覚めるほかにも、朝起きると口が渇いていたり、日中もぼんやりとして眠気を強く感じたり、家族からいびきがひどいと指摘されるような場合には、睡眠時無呼吸症の可能性が高くなります。
これらの症状に思い当たる方は、できるだけ早めに専門の病院を受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク

糖尿病は、日本人の三大成人病のひとつであり、40歳以上の3人に1人が糖尿病もしくは、糖尿病予備軍であるといわれています。
健康な人であれば、寝ている間でも安定した血糖値をキープすることができるのですが、普段から血糖値が不安定な方は、食事をしない就寝中に血糖値が下がり過ぎてしまい、頭痛で目が覚めることがあります。
糖尿病などによって血糖値をうまくコントロールできなくなると、急激に糖が不足する低血糖状態が起こるようになります。
低血糖状態に身体が陥ると、脳は体内で糖を作り出すように指令を出します。
この時にアドレナリンが分泌されるようになり、脳を興奮状態にするアドレナリンが就寝中に分泌されることによって、必要以上に脳の血管が収縮してしまい、頭痛で目が覚めるといった状態が起こります。
朝の頭痛を減らすためには、血糖値を安定させる必要があります。
夜間の低血糖状態をできるだけ回避するためには、普段から砂糖をはじめとした糖質の摂り過ぎには注意するようにしましょう。

スポンサーリンク