偏頭痛 診断書 休職 方法

偏頭痛の診断書をもらって休職する方法

スポンサーリンク

偏頭痛の苦しみは、経験した人にしかわかりません。
頭痛で休職を訴えることは当事者以外からすれば、受け入れがたい人もいるでしょう。
しかし、偏頭痛は普通の頭痛のように単純ではありません。
痛みが長引いた場合は起き上がれないほどひどくなり、吐き気に襲われたときはデスクに座っていることもつらいことがあります。
しかし、そこでなんの方法もとらず唐突に休職を申し出ても、受け入れられないケースはままあります。
では偏頭痛により休職を希望する場合は、どのような方法をとらなければならないのでしょうか。
そこで必要になるのは、やはり医師による診断書です。
診断書は医師が責任をもって書くものですから、書類としての説得力を持っています。
受け取る会社のほうも、休職が必要かどうかの明確な判断基準にすることができるでしょう。
偏頭痛のように他人にはわかりにくい病気であるときは、診断書を書いてもらうのがもっとも有効な方法であるといえます。

スポンサーリンク

医師からの診断書をもらう方法としては、受診する病院・クリニックの医師に依頼するのが一般的です。
特にむずかしいことではありませんし、偏頭痛は症状から比較的わかりやすいものなので承諾してもらうことができるでしょう。
そのとき、受診料とは別に料金がかかるので、用意する必要があります。
一般的に3,000円から5,000円が相場のようです。
受診する科がわからなければ、内科でもかまいません。
しかし専門知識をもっていることや、のちのちの治療につなげることを考えれば、頭痛外来や神経内科を訪れるのがよいかもしれません。
ここで医師に状態を伝え、症状により就業できず、休職が必要である旨の診断書を作成してもらいます。
あとは会社に提出し、了承を得ましょう。
このように、偏頭痛で休職するには症状を証明できる医師からの診断書があるとスムーズです。
お金はかかりますが比較的簡単に発行してもらうことができるので、利用することをおすすめします。

スポンサーリンク