頭痛 頭頂部 ズキズキ 原因 治療

頭頂部がズキズキ痛む頭痛の原因と治療法

スポンサーリンク

頭頂部から頭の側面にかけて、ズキズキした痛みがして悩んでいる人はいないでしょうか。
このような痛みの時は、偏頭痛の可能性があります。
脳の血管が拡張するのが原因で、脈を打つたびにズキズキ痛み、しかも目の前がちかちかしたり、光や音に敏感になるという特徴があります。
このような時は、まず頭頂部や側頭部などの、痛む部分を冷やして、静かな場所で横になったり、じっとしていたりするのがお勧めです。
動き回るとよけいに血管が拡張して、痛みがひどくなりますので注意してください。
少量であれば、お茶やコーヒーなどのカフェインを含んだ飲み物を摂るのもいいでしょう。
偏頭痛の場合は、週に1度か2度の割合で間欠的に起こることが多いのですが、痛みが我慢できないとか、あるいは間隔が狭まって来たというような場合は、病院に行くようにしましょう。
病院は内科でもいいのですが、大きな病院の頭痛外来が特にお勧めです。
専門医がその人の痛みの原因を分析し、それに応じた治療をしてもらうことができます。

スポンサーリンク

また、ズキズキではなく、全体に締め付けられるような感じの痛みがある、それも毎日のように起こる場合は、緊張性頭痛の疑いがあります。
頭頂部から頭をわしづかみされるような痛み方です。
これは偏頭痛とは違って、血管が縮小して起こるものなので、患部を冷やすのではなく温めるようにして、じっとしているよりは動き回る方がお勧めです。
原因としては、デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けていること、あるいはそれによる肩こりや首こりが考えられます。
ですから、お風呂に長時間つかったり、あるいはマッサージをするのもいいでしょう。
ストレスが原因であることも多いので、軽い運動をすることでストレスを解消し、筋肉をほぐすようにすれば一石二鳥です。
しかし、それでも治らないという時は、やはり病院に行くことをお勧めします。
頭痛は様々な病気の自覚症状として現れることが多く、全く別の病気の可能性もあるからです。
また市販薬を飲む場合は、月10日程度にとどめましょう。
飲みすぎると、かえってひどくなることもあります。

スポンサーリンク