帯状疱疹 頭痛 期間

帯状疱疹で頭痛が続く期間

スポンサーリンク

帯状疱疹は、水ぼうそうのウィルスが原因となります。
水ぼうそうに1度かかると以降は発症することはないのでが、水ぼうそうのウィルスは、実は体内の奥深くに潜伏しています。
そして、過労やストレス、病気、ケガなどによって身体の免疫力が低下した時に、潜伏しているウィルスが増殖して、神経に沿うようにして発疹が出てきます。
帯状疱疹の痛みのピークは、発症してから3週間〜4週間といわれています。
帯状疱疹にかかって発疹が出る前に、偏頭痛を生じる方も少なくありません。
この偏頭痛が続く期間については、病状によって異なりますし個人差もあります。
偏頭痛に有効なのはトリプタン製剤であり、市販の治療薬は効きません。
あらゆる病気は、早期発見・早期治療が鉄則です。
どんな病気も症状が悪化してからでは、完治するまでに期間を要してしまいますので、市販の頭痛薬を飲んでも痛みが改善されない場合には、医療機関を早めに受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

そもそも偏頭痛は、脳の血管が膨れあがり、脳の血管周辺に張り巡らされた三叉神経から、炎症タンパク質が放出されることが原因です。
帯状疱疹で水ぼうそうウィルスが増殖し、神経を刺激することによっても、脳の血管は膨れあがります。
ゆえに、偏頭痛は帯状疱疹の初期症状として現われることが多くなります。
帯状疱疹がひどい場合には、背中や胸など全身の神経が過剰に反応し、強い痛みを伴う場合があります。
初期の段階で早めに治療を始めれば、痛み自体は1週間ほどの期間で引きます。
長期間痛みと付き合わなければならないリスクを回避するためにも、何らかの不調を感じた場合には早目に医療機関を受診するようにしましょう。
前兆として、肩こりや不安感、熱っぽさなどを感じるのですが、何よりも上皮のヒリヒリ感が前兆となります。
小疱よりも先に皮膚の痛みが現われます。
ゆえに、水疱がまだなくても病院で上皮の痛みのことを伝えましょう。
それが、早期治療につながります。

スポンサーリンク