目の奥が痛い 頭痛 病院 何科 受診

目の奥が痛い、頭痛時は病院の何科を受診?

スポンサーリンク

目の奥が痛いというような症状を感じることがあります。
目の奥が痛いということ以外に頭痛があるというような場合もあります。
このような場合には何が原因となっているのかが気になります。
目が痛いときに頭が痛いというような症状が現れるのは決して珍しいことではありません。
しかし自己判断をすることは難しくなっているので、病院で詳しく調べてもらう必要があります。
このときに気になるのは病院の何科を受診すればいいのかということです。
目の奥が痛いというようなときや頭痛があるときには、どのような病気の可能性があるのかが気になります。
目の奥が痛いというときに考えられる病気としては、眼精疲労や緑内障があります。
左右の視力の差が大きく開いているというようなことがありますが、この場合には片方の目に症状が強く表れるようになっています。
緑内障の場合には両方の目に症状が現れるようになっています。
目の奥が圧迫されたように痛くなってしまいます。

スポンサーリンク

このように目の痛みと頭痛があるというときに、目が関係していると考えられた場合には、病院の何科を受診すればいいのかというと、眼科ということになります。
目の奥が痛いということだけではなく、視力の低下や視野が狭くなるというような症状が現れることもあります。
実際にどのような症状が現れているのかをしっかりと把握しておく必要があります。
頭痛と共に痛みがあるというような場合には、何科を受診すればいいのかというと、頭痛外来やペインクリニックというように麻酔科があるような病院を受診するようにします。
これ以外には鼻の病気が関係しているというようなこともあります。
副鼻腔炎の可能性がある場合には耳鼻咽喉科を受診するようにします。
顎関節症の可能性がある場合には口腔外科を受診するようにします。
脳や神経が関係していると考えられる場合には、脳神経外科を受診するようにします。
このように症状にあわせて病院を受診することが大切です。

スポンサーリンク