目の奥が痛い 頭痛 めまい 原因

目の奥が痛い、頭痛やめまいがする症状の原因

スポンサーリンク

日常生活の中で目の奥が痛いというようなことがあります。
ここでまず考えるのは、パソコンやスマートフォンなどの使いすぎが原因して、目が疲れているということです。
しかし頭痛やめまいの症状が現れるということになると、他のことが原因している可能性もあります。
したがって詳しく症状を確認するようにします。
目の奥が痛いときや頭痛やめまいの症状があるというときに考えられる原因は、頚性頭痛というものになります。
これは神経痛が関係しています。
神経痛に分類されるというようになっていますが、発症する割合は非常に多くなっています。
緊張型の頭の痛みと同じように考えられることがありますが、症状が似ているものの、実際には区別されています。
これは頸部の機能障害によって発生するようになっています。
関節や後頭部の知覚を支配しているという神経が刺激されることによって、目の奥が痛いという脳な症状やめまいが発生するようになっています。

スポンサーリンク

原因としては長時間のデスクワークやストレスというようになっています。
しかし筋肉との関係はあまりないと考えられています。
神経が圧迫されることによって痛みが発生するようになっています。
神経が直接圧迫されているということで、強い痛みを感じるようになっています。
また頭の痛みを感じる範囲も広くなっているという特徴があります。
後頭部だけではなく頭頂部や前頭部やこめかみや耳となっています。
ここでは肩や首筋などへの痛みは伴わないようになっています。
目の奥が痛いというような症状やめまいを伴うこともありますが、吐き気や嘔吐が見られることもあります。
神経的なストレスを感じているという人に症状が現れるようになっていますが、これ以外には首や肩の筋肉を使うというような重労働を行っているという人でも発症することがあります。
姿勢が悪いという人や頚椎が変形しているという人、ヘルニアなどの持病がある人は発症しやすいと考えられています。

スポンサーリンク