熱中症 症状 頭痛 寒気 対処法

熱中症による頭痛や寒気の症状の対処法

スポンサーリンク

暑くなってくると熱中症によるニュースを耳にする機会が増えます。
熱中症の原因は体温調節機能の異常により、発汗機能や循環器機能がうまく働かず頭痛になったり嘔吐をしたり寒気を感じたりといった症状になります。
対処法としては体温が正常に調節できるように働く場所や服装を選び、こまめに水分補給を行うことになります。
暑い閉め切った部屋の中で水などの水分を取らずにずっと作業を続けているとてきめんに頭痛や寒気といった症状を発症することになります。
これは日中の仕事などをしている間に限らず、寝ている間にも起こることなので寝る前に水分を補給することがお勧めです。
水分だけでなく塩分やミネラルも一緒にとることがお勧めで、夏場職場に塩飴がおいてあるのはこの理由によります。
仕事の内容によりずっと炎天下のもので働かなければならない場合には1時間に1度の目安で、日陰にいって水分を補給することにより対処法となります。
頭痛などの症状がでると、仕事をしばらくストップさせることになります。

スポンサーリンク

熱中症により起こる症状の代表が頭痛ですが、寒気を感じる時もあります。
寒気を感じると体を温めなければならないと思いますが、これは体温調節機能が正常に働いていないためなので、水分を補給し室温を下げて体温を下げる試みをする必要があります。
脱水症状には水よりもミネラルなどが豊富に含まれたスポーツドリンクを補給する方が熱中症対策にもなりますし、症状の緩和にもより効果があります。
熱中症にもレベルがありますが、初期の状態であっても放っておくと死に至ることがあります。
そうならないためにも早めに対処法をとる必要があります。
水分を補給する場合にも一気に摂取すると胃に負担をかけることになるため、休憩しながら少しづつ摂取することが必要です。
また、体温を調整する機能を正常に保つためにも、対処法として水分補給や涼しいところで休憩するだけでなく、服装にも工夫を凝らすと良いです。
着るシャツやズボンも吸水性のよいものを選び、風通しの良いものが理想です。

スポンサーリンク